1999.11.27.玉里、潮来


ドライバーは御使い男
今回は仁と二人での釣行。
ぱおんは車の運転を仁に譲った。
仁に任せておけば、自然と玉里村ハス畑へ連れていってもらえる。
大張りきりで運転を始めた仁、途中で寄道をしている。どうやら
奥さんに御使いを頼まれていたらしい。真夜中にいそいそと働く男。
彼のように家庭のある人間はバス釣り三昧とはいかぬもの。
わずかな時間をさいてご奉仕に努めるのだ。

真夜中に診察券を出す男、仁。
車は玉里村ハス畑へと向かう。
仁の得意とするエリアだ。ヤツに爆釣されるのは御免こうむりたい。
が、今日はぱおんもハス畑を狙っていた。そのために仁に運転を任せたのだ。
なぜなのか?
それには大きな理由があった…。
1999年11月23日
実は23日の祝日、自称エースと二人で北利根に釣行していたのだ。
当日の天気は終始くもり空。
水質も濁りがひどくバスの反応は全く感じられない。
そして寒い。
今シーズン初めて手がかじかむ寒さである。
太陽が顔を見せてこないため気温の上昇もあまりなく、バスよりも
釣人の活性が極めて低い一日。
半日の釣りだったため、大きな移動もできず状況の悪いのを承知で
北利根の釣りを続けることとなった。
北利根を攻めるエース(11/23)
しかし結果はあえなく玉砕。
ルアーを2個釣り上げたのみで逃げ帰ってしまった。今年ももう終りか…。
27日に一匹も釣れない場合は、今シーズンは釣り収めとなろう。
魚よりもぱおんのほうが寒さに弱いのだ。
ご覧の通りの寒空(11/23) いつもの服じゃ寒かった 釣れたのはルアーが2個…。 釣れん!作戦終了!撤退!

という訳で、今回は冬の釣り場として高い実績を誇るハス畑を選んだのだ。
車はいよいよ玉里村に。はたして…。

続きへ  1999年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system