1999.9.25.潮来


夏が帰ってきた…。
先週、秋の訪れを感じたと思ったら今週は気温33度を越え、また真夏日になってしまった。
夜明けと共に始動したが…
仁のたっての希望で玉里のハス畑からスタート。なんでも水門の辺りに
気になる場所があるという。
しかしハス畑に到着した時、すでに水門周りは大混雑だった。
さらに前日からの暴風で水は泥濁り。活性が下がっているのか、或いは
どこか状態のいい場所に移動してしまったのか、バスの反応はない。
ベイトフィッシュの姿も見えないので、早めに見切りをつけ、潮来に戻る
ことにした。霞ヶ浦の本湖と違って河川ならば強風の影響も少ないと
考えたのだ。
というか強風の時に北利根川で大釣りの経験が何度もあるので…。

何にもこないよぉ…でも ルアーが流れ着いてる うひょー グッドジョブ!!

移動途中、霞ヶ浦鉄道の電車に遭遇。
一両編成でのんびりと走っている。
やっぱ、時間の流れが違うのかなぁ。踏切で警笛が鳴り始めて、
電車が姿を見せるまでの長いこと、長いこと。
東京の忙しさを忘れさせるようなひとときだった。

潮来に着いて北利根川の水質を見てみると予想通り濁りは少ない。
かつて秋に良く釣れたアシのあるエリアへ行って、スピナ―ベイトと
ジャークベイトで攻めていくことにした。
のほほん、のほほん…

続きへ  1999年の釣り一覧へ  トップへ 

inserted by FC2 system