2000.4.2.潮来


春の訪れ
東京ではついに桜が開花した。
潮来の桜はまだ咲いてはいなかったが、土手には菜の花が
咲き乱れ本格的に春が訪れていた。
2000年になってから1匹も釣っていないぱおん&エース。
しかし今週は初物ゲットが期待できそうだ。
今回は仁がいない。
ヤツのいない間に爆釣といこうか。

と、いうことで、ぱおん&自称エースは潮来にやってきた。
いつもと違い、コンビニにも寄らずに川に出た。

最初の狙いは与田浦はオダポイント。
毎年、早春の時期にいい思いをしているのである。
ここのところ釣れていないのでついつい実績に頼ってしまう。

夢よ、もう一度…って訳だけど、今日の与田浦は妙に
水が汚い。昨日の強風の所為か…?
特にオダポイントはまるでターンオーバーの時のような
水質でとてもバスがいるような気がしない。
(実際はいるんだろうけど…)

「北利根に行こうか…。」
結局、あっという間にポイント移動となっていた。
う〜ん、春を感じるねぇ。
やっとバスのシーズンに突入って感じか…。

半年間もボーズが続いてるエース。
今日こそは…。
北利根ではまずは牛堀町の護岸沿いから探り始める。
先々週、ここでワンヒットさせているので自然と足が向いてしまったのだ。
しかしここは日陰になっていて寒かったので夜越川の河口部まで下って、釣り始めた。
春とはいえ、やっぱり日が当っていないと寒いんだわこれが。
ルアーはスピナーベイト。ランバドールをセレクト。
ぱおんは普通コロラドタイプのブレードを好んで使うのだが
今日はダブルウィロータイプをチョイス。
理由は春だから。
春にはダブルウィローの大型スピナーベイトが効果的だと
乏しい経験から思っているのさ。

そして…

結果は、左の写真の通り。
40アップのナイスなバスだぜ。
2000年の初バスをゲット!!


2000年の初バス。それもいいサイズ。
幸先いいぞぉ。今年は調子いいかも。
続きへ   2000年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system