2000.5.20.潮来

5月20日午前0時45分。
目を覚ますと猛烈に雨が降っていた。
(何?今日の昼くらいまで雨は降らないはずじゃなかったのか?)
天候の進み具合が早まったのか?
やむを得ない。今週は出撃を中止しよう…。
ということで今週の爆釣隊はお休み…かと思ったら、自称エースは出撃しておりました。
ここからはエースのレポートです。

エース出撃す!
今回は初心者のかりんを同行しての釣行となった。
ぱおんとは現地集合の予定だった。

朝4時半、目的地に向かう途中物凄い雨に見舞われ
今日は無理かな?と小官は思った。
潮来についてみると雨は降ってはいなかった。
しかし何時まで持つかといった曇り空。

かりんは釣りというものは全くやったことはなく
本日が生まれて初めての釣りとなる。
エースの家庭を預かる副官「かりん」
まぁ爆釣隊見習といったとこだろう。偉そうに言う小官も半年前にはじめたばかりだが。
半年前に、ぱおんに教わった事を思い出しながら、リールの使い方、キャストの仕方を説明し
いざ、アシ際ポイントに。
とにかく、かりんには投げてもらい少しずつアドバイスを行うことにした。
かりんからの質問に受け答えしながらキャスト&リトリーブ。

「アレ?フィーッシュ!」
しかしばれた!
説明に気が行ってて、ルアーに集中してなかった。
「こんな時でもぱおんはしっかりつるんだよなぁ。」
思わず小官の口から出た言葉である。小官がかりんの立場で何度と見てきた光景である。
2.3ポイントヘ移動、始めるが我々には反応なし。
少し離れたところでバスが釣れたようだ。
サイズを測っているにしては時間がかかってる。
見に行くと尻尾の方にフックして外れないでいる。
これぞジョニィーフィッシュ!!
(アイモアジョニーが昨年、鯉の尻尾にスレでかけたので…)
ペンチを貸してあげ、やっとはずしリリース。
常吉(仁に教わった)だった。
37センチだったそうである。
フックしたところがした所なので恥ずかしいと
言っていたが、立派だと思う。
小官は潮来で今年30センチ未満しか釣ったこと
がない。
いわしばかりだ!!
ついにコーチへと進化を遂げた自称エース。
横利根水門横へ移動。8人ぐらいのワーマー集団がいたが移動して行った。
そういえばここに来るまで数人しか見かけなかった。
天候のせいか?
このポイントも小官とかりんだけになってしまったので遠慮なく攻められる。

続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system