2000.6.2/6.3/6.4..潮来

金曜日に潮来に出現!
その男は黄昏時の北利根川にいた。
有名なフィッシングデモンストレーター、王様こと村田基。
我々爆釣隊が王様ポイントと呼んでいるエリアのアシ際で
彼は釣りをしていた。
しかし妙に短い竿を持っている…リールもついていない…
代わりにウキがついている。
近寄ってみるとギルを釣っていたのだった。
「ギル釣りのほうが面白いよぉ。」
彼はそう僕に話しかけてきた。
確かにギル釣りも面白いが、今、バスの活性が高まって
釣れる時間帯だ。
「もう少しバスをやってみます。」
僕は王様にそう告げてバス釣りに戻った…。
と…。
「フィーシュ!」
王様のいる所から50m程の所でバスをキャッチ!
40cmには少し届かないが、なかなかいいバスだ。
王様と並んで写真を撮ろう…。
僕はそう考え、バスを持って王様のもとへ向かおうとした…
その時!
「あぁっ!?」
手が滑り、バスは川へと帰っていった…。

この日は金曜日。
ぱおんは出張先の宇都宮から会社に戻らず、
直接潮来に乗り込んできたのだ。
金曜の夕マズメは活性が高かった。
1時間ほどで都合3匹のバスをキャッチ!
鹿島神宮近くにあるアントラーズの記念碑
サッカーの街を象徴するものだ。
6月になり、日が長くなっているので、夕マズメに間に合うとふんだのである。
果たして活性は高まっていた。バスは水面近くまでアタックしてきて楽しい釣りとなった。
またたくまに3匹のバスをゲットし、今夜の宿を探して鹿嶋の街を徘徊するぱおん。

鹿島神宮のすぐ前に「ホテルがんけ」という宿を発見。
入り口の所に日本人形が飾られていたのが少々不気味であったが、心霊現象が起きれば
ホームページのネタになるし、料金が税込みで¥5250と格安だったのでここに決定。
部屋に入ると何だかチカチカとする。
(むぅ…? これは…?)
蛍光灯の紐を一回引くと、チカチカは収まった。
安い宿はやはりこんなものかも知れない…。
鹿島神宮の参道。夜なのできれいな写真が
撮れなかった。残念。
ホテルがんけ。付近は旅館が多くあるが
観光シーズンなので高い。ここは格安。
日本人形がお客さん
に笑いかけていた…

続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system