2000.7.22.潮来

ひとり深夜ハンドルを握り、我等が聖地潮来へ

今回はひとりでの出撃だ。このところの不振のせいか不安な気持ちがつのる。
今回の任務は、1匹、とにかく1匹釣って帰らねば。(ぱおんから指令のメールがはいっていた)
3時半、夜越川。
まずはここから攻める。
そして花嫁さん、アシ際へ、これが今回の作戦行動だ。
風が強く、流れが速い。
クレイジークローラーを根気良く引き続ける。
小一時間、全くアタリがない。

バズベイトに変えてみる。
いつもぱおんがヒットする辺りを入念に。
あれ?魚がかかった。
あせって巻くがなかなか巻けない。
左から右に2メートルぐらい移動。やな予感。
「アッ!!」
ばれた。
この所こんなのばっかりだ。
今日もこの調子で終わんのかな?
弱気になってくる。
まあ考えても始まらない。
フッキングが悪いのはルアーのせい?
(バズベイトで魚が引っかかったのは初めてだった)
勝手に解釈!?

スピナベイトに変える。ハーフスピン。黄色いやつ。
早く引くことを意識して(ぱおんは早め)キャスト
ANDリトリーブ!
「フィーッシュ!」
何故かこんな写真が送られてきた。
なぜに名前入りなのか…?むぅ…。
久しぶりの、本当に久しぶりの1匹。
しかし声がでない!
忘れてしまったのか?余裕がないのか?
後者であろう。必死で引っ張る。
「やったー!」
ついにゲット!
手が震えた。サイズは?
この所、他人のを測ってばかりいたから手際がいい。
(フォークに公式記録員と呼ばれた)
35センチ。写真を一人で撮るのは難しい。
予定より長居してしまった。

花嫁さんからアシ際へテンポ良く移動。そこまでアタリ無し。
ワーマーがいる。はずしてその先へ…
風が強くキャストが上手くいかない。
アシに引っかかり引っ張り戻す。
足元1メートルぐらいに落ちた。
よかった戻ってきて。

その時魚影が、そしてルアーに勝手に食いつく!
「フィーッシュ!」
やった!ラッキー!28センチ。
こんなんで釣れるのは活性が高いのかな?

続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ

潮来花嫁さんポイント(上)と
2匹目のバス(下)
inserted by FC2 system