2000.7.29.潮来

エース不参加
午後11時過ぎ…。
首都高速をひた走るぱおんの携帯が鳴った。
「すいません。出撃できなくなりました。」
潮来で合流する予定だった自称エースである。
残念ながら出撃できなくなったという。
やむを得ぬ。今週は仁と2人での実釣である。

葛西で仁を乗せ、潮来に向かう。
途中、ローソンに寄り、サッカー「鹿島 VS C.大阪」の
チケットを購入。
釣りの後、カシマスタジアムでサッカー観戦としゃれこむのだ。

2時過ぎから夜釣りをスタート。
横利根水門や夜越川などを攻めてみるが反応がない。
なれば先週釣れた2・3ポイントではどうかと移動。
周辺はベイトフィッシュが群れている。チャンスだ!
「フィッシュ!」
ぱおんに40アップのナイスバスが!
さらにもう1匹、25cmくらいのバスを追加し、アシ際ポイントへ。
このあたりで夜が明け始めた。

ルアーをハーフスピンに替え、アシの際をタイトに狙う。
すると!
ローソンでカシマスタジアムの
チケットを購入す。
「お…音がする。」
対岸にも夜釣りをしてる人が…。
ガツッ! ガツッ! ガツン!
立て続けにヒット!ぱおん1人が好調にゲットしてゆく。
フィッシュ! フィッシュ! フイッーシュ!! 絶好調のぱおん。次々とバスをゲットしてゆく!仁は唖然…。
連続してバスをゲットしてゆくぱおん。
しかし仁のルアーには全く食ってこない。
すっかり明るくなったフィールドにはしょぼくれた仁の姿が
取り残されていた。

「救済ポイントに連れてってくださいよぉ…。」
なんと!早くも救済を求めてきた仁。
よほどショックだったようである。
まぁいいか。
あまりに元気のない男と釣りをするのも疲れるからな。
ということで、仁の救済ポイント(ヒミツ)に向かった。
マズメ時に大差をつけられた仁。
ここまでノーフィッシュでガックリ…。

続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system