2000.8.19.潮来

ぱおんに隠れて出陣
隊長が不在の間、疾風の仁と小官とで遠征計画を立てた。
目指すは群馬の沼や池、6月8日に仁が単独遠征を行った所だ。
まず最初は多々良沼。
近くのコンビニで地図まで買う仁の気合の入れよう。
期待を膨らませ、でかバスゲットを夢見て、いざ出陣。
前回、仁の探っていないポイントから攻める。
岸沿いのアシの間を仁が丁寧に探っていく。
遠くまで探って帰ってくると
「1本ばれた」
と残念そうに。小官は反応なし。
生意気にポーズを取る疾風の仁
次に前回でみえバスがいた所へ移動。ところが、前回と様子が違うようだ。仁が戸惑う。
「増水している」
これが吉とでるか凶とでるか?
水が汚い。レポートにあったみえバスどころではない。色々探るが全く反応がない。
いやな予感が芽生え始める。

遊魚券を売りにじじいが来る。500円也。

相談して次の野池へ。しかしここでも無反応、気が滅入ってくる。
ここでもじじいが回ってきて遊魚券500円也。何もしないうちに1000円がとんでいった。
多々良沼。しかし釣れん! 白鳥? お調子者仁も波に乗れない…。
気分を変えて城沼へ
「城沼もけっこういいよ。」
これは前回仁が盗人になるのを助けてくれたシルビアの兄ちゃんの情報だ!
行ってみるとバスクリンのような水である。仁が
「だめだな、反対側に行こう。」
しかし反対も一緒だった。広い沼だから、別の場所を探しに車で移動。
良さそうな所を仁が見つけ、キャストし始める。
あれ?変なスピナベートを付けている。こいつ切れたな!
仁は全然釣れないので投げやりになってしまったようである。
対岸に男女5人組できているバサーがいた。
そちら側に移動。
あーあー!
仁はとうとうバイブレーションをジャーキングし始めた。
もう終わったな!!
城沼へ行ってみたが… 続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ 
inserted by FC2 system