2000.9.9.潮来

「アロ〜ハ〜」
アロハシャツにレイまで掛けたハワイアンが登場した。
ぱおんである。
前日にギフトショーを観に行った時、ハワイアンコーナーでレイを
プレゼントしてもらったのである。
しかしこんなもん着けてるとチクチクして釣りに集中できないぜ。

フォーク同行
今回も潮来をぱおん、仁、エースの3人で攻める予定だったが
特別ゲストとしてあの叛乱部隊のフォークが合流することに。
ワームのフォークと異名をとるほどのワーム使いである。
特に仁との爆釣バトルは見逃せないぜ。
人生をエンジョイしてるかい?
さて、夜越川で4人が合流し北利根攻略に乗り出したわけだがあまり反応がよくない。
夜明けまでに2・3ポイントでぱおんが35cm位のレギュラーサイズを1匹ゲットしただけ。
「明るくなってきましたよ!」
仁が変な魚ポイントに行きたがっている。
いや全員が変な魚ポイントを希望していたのだ。
このところ絶好調のポイント。
早速出向いてみることにした。

「フィーシュ!」
いきなりエースのロッドが弧を描く!
35cmクラスのなかなかいいバスだ。
ここのバスはコンディションがいいので引きが強く、楽しい。
出現!ワームのフォーク!
続いて、仁のロッドが弧を描いた!同じ場所から上がってきたのは28cm。
さらにもう1発、仁にヒットしたがみっともなくバラシている。
調子に乗っているからだよ。
いきなりの1匹にエースも吼える! 「フィッシュ!」仁も負けていない! うしししし…。きたきた。
それにしても全部同じ所で食ってくるなぁ。
奥を攻めていたぱおんも釣れている所へ戻ってきた。
狭いので4人も入れない。
フォークは橋の上からキャストしようと移動してゆく。
はたして4人は同じ所へキャストし始めた。
そう半径5メートル位の狭いエリアに。
そこには石が沈んでいて、根掛りも多いのだがかなりの数の
バスが居着いているようなのだ。

これを逃す手はあるまいて。

「フィッシュ!」
今度はぱおんのロッドが弧を描いた!
続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ  バラシた直後の仁。
「すいません、調子に乗ってました。」
inserted by FC2 system