2000.11.18.潮来、玉里

「行きたいんですよぉ…。行きたいんですけどねぇ…。」
仁である。今週も炊事洗濯に励むため、釣行できないのである。
「今年はもう引退ということですか?」
ここ数週間、家庭の事情で釣行出来ない仁に年内はもう無理かと訊ねると
ヤツはムキになって答えた。
「いえいえ!一度もハス畑に行かずに年は越せません!」

ぱおんも昼まで
昨年は秋頃から頻繁に通った玉里村ハス畑。
北利根が割と安定していたため今年はまだ一度も行っていない。
仁が得意とするポイントで、ヤツはこのところ行きたがっている。
なれば、ぱおんがハス畑に赴き、バスをバシバシ釣って仁を悔しがらせてやろう。
今日は午前中しか釣りが出来ない。
昼からは仕事が入っているのだ。
朝、ちょっとだけ北利根で釣って、一気に玉里村へ移動する作戦だ。

未明、国道51号を潮来に向けてひた走るぱおんの前に怪しいトラックが。
パオちゃん!? なんだこれ?
しかしそのトラックは信号を無視し、闇の中へ消えて行った…。
株式会社パオフーズ!? 北利根についたが眠い…。 この時期の太陽は神々しい…。
さて、北利根についたがかなり眠い。
ひとまず休憩をとることにした。
まだ寒いし、日が差してきてからの方が釣れそうだもんな。
やがて日が昇り、スピナベでいつものようにチェックを入れてゆく。
全くといっていいほど反応がない。
昨日の雨と北風の影響で活性が落ちているのか?
ホントは今日の午後の方が状況が良くなりそうだが、午前中で帰らねばならない。
リアクションで食わせるか?
ルアーをロングAに変更しジャーキングとトゥイッチングをやってみることにした。
新佐衛門川に移動し、水路を攻めてみる。
小刻みな連続ジャークを行なうも反応は無い。その上、手が疲れてきた。

天気も快晴で、気温も上がってきた。そろそろ玉里村に移動するか。

続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system