2000.10.14.印旛新川

自称エースの別行動
10月14日本来ならぱおん、仁と共に潮来に居るはずの小官である。
事情によって早い時間に撤退しなければならないので、
比較的移動時間の少ない印旛新川に来ている。
新川と言えばこの男が黙っていない。
自ら新川の帝王と豪語する、ワームのフォークである。
今回は小官もフォークに習いワームでつねることした。
午前3時に集合しフォークが推奨するポイントへ、シーズンインの際に
フォークがスランプに陥った時、復活のきっかけをになったポイントで
ある。
ここで、スピナベートで3本連続ヒットしてフォークは、復活した。

しかし今日はアタリなし。
続くポイントでは川の中までフォークは入っていくも、なにもなし。
朝早すぎるんじゃないの?もう寒くなってきてるしね。
結局いつものポイントへ、ようやくあたりが明るくなってきた。
今回のレポートは俺だ!
フォーク入水、なにもなし!
とにかく今日はつねる、これが小官の目標である。
セッティングをフォークにしてもらい、キャストそしてゆっくり引いてくる。
これでいいのかな?
不安に思いながらキャストを続ける、20メートルぐらい離れた所で、
「フォーク、フィッシュ、オン」
何かやせたバスである。先手を取ったフォーク、気をよくしていろいろ小官に説明を始める。
しばしその場で並んで釣ることに、談笑しながら引いていると、またしても同じ場所で、
「フォーク、フィッシュ、オン」
30ギリギリと言った感じである。フォーク曰く「7ポイントゲット!!」
フォークはバトルが物凄く気になるらしい、特に仁との争いを。
仁だけには負けたくないらしい!?
1匹目。これで乗ってきた! 新川の夜が明ける… 同じ所から。バトルが気になるぜ
しかし何で同じ場所から?そこなら小官でも釣れるのか?
場所を変わってもらい、キャスト始める。何か変?これがあたり?チョット引き上げる…
「アッ!さかなだ!」
しかしばれる。まあ始めてそんなもんである。すぐさま、同じところにキャスト!
「フィーッシュ!!」
ばれることなく、みえバス以外ワームで初めてのゲット!
28といったところだろう、まあまあと言った感じ?!
(写真を撮ってもらったがフォーク、ミスショット写ってなかった。)

続きへ  2000年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system