2001.3.19.利根川

EPISODE.8 「THE USHI of mysterious!」

prologue.
3月19日 その日のイケはまたまたいつもと違っていた。
そう、今日は21世紀初レポートの出陣の日なのだ。
全身に何か、釣行に向けての緊張感が満ち溢れてるっていうか、チョッピリ身体が固くなっているんだよ!!
だが、あまりに硬くなり過ぎてしまうというのもキャストに支障が出るというものだ。
とりあえずは、”江頭倒立”でもしてリラクゼーションといきますか! こんなことばかりやってたら、ますます女房に大不評を買ってしまいそうなのだが・・・
だがまて!
その時イケの眼前に”倒立ポーズ”をキメまくる”謎のうし”が出現!・・・ 
倒立ポーズをするうし子ちゃん。
日向
ぼっこでもしているのだろうか?
・・・やれやれ、21世紀になったというもののここのお宅は相変わらずのようではある。
(※鼻デカ仮面さんhttp://www10.tok2.com/home/hanadekamax/top.htmのレポートがとても楽しかったので、一部参考にさせていただきました。)

act1
と、いうわけで利根川のとある水門にやってまいりました。
水門にはジャージャーと水が流れている。
ぱおんたちは今シーズンからサングラスを着用するとことなので、イケも早速つり用の”サングラス”を買ってみた。
イケは目が悪いので度付きのサングラスなのです。

こっ、これは・・・スゴイ!! 
なんとブレイクが完璧に”見えて”しまうのだ。
だがまて!
その時、水門出口の木の陰に2匹のバスがゆうゆうと泳いでいるじゃあーりませんか!しかもその内一匹は結構なサイズだ。
(←オイオイ、おっさん近づきすぎだよ!)

これが、いわゆるサイトというものなのか。
思わず有頂天になってハシャギまくるイケ。
だが・・・、目と目が合った瞬間、気配を察知したバスはすぅーっとブレイクの漆黒の闇の中に消えていったのでした。(←だから、近づきすぎだって!!) 

まぁとにかくスローモーション画像を見ているようで、とても感激的だった。それにしても、あの位置にボジショニングして、流下するベイトを待ち伏せしているとは、バスってホントに基本に忠実な生態なんだねぇ。

とりあえずこんなルアーを用意して
みました
のんびりと水中を見ていただけだ!
act 2
あまりにも、水の中がよく見えるんで、ついついサイトに夢中になり、釣りをするのを忘れていたイケ、相変わらずどうしようもない男だ。そんなわけで、早々に別の水門に移動してみることに・・・、

続きへ  2001年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system