2001.5.5.〜5.6.潮来

五月五日子供の日
ぱおんは広島に帰省している。
7年程前のGWには小官も一緒に行ったことがある。
自然豊かな、良いところだ是非また行きたい。
ぱおんは毎日楽しく野池めぐりをしているのか?
爆釣してんだろうなぁ!
今年に入ってまだ一匹しかゲット出来てない小官である。
その一匹もぱおんが居場所を教えてくれた一匹だ!?
しかるべく単独釣行を決意した。
四時半にいつものセブンイレブンに到着。
なにぃー!車を停めるスペースがない!?
不調の続く俺のレポートだ!
店内も大混雑! 未だかつてこんな事があっただろうか?
連休中だし天気も良さそうだししょうがないか。しかし不吉な感じがする。

この所実績のあるマークツーへ。
なんと先行者が!
車が2台停まっている。一応覗いて見ると、数名がキャストを繰り返している。
救いだったのはアシの前が少し空いていた事だった、小官にキャストの余地が残っていた。
新参者の小官が様子を尋ねると
「生命反応はあります、1回ばらしました」
子連れで来ている人が答えてくれた。
そうか期待できそうだと思いつつ、アシ際を攻めるも反応なし。連休でかなり叩かれているのだろう。諦めモードに入りつつある小官に子連れさんがポイントを色々丁寧に教えてくれた。
「ありがとうございました。」
この様な人とのふれあいを小官は好む。
しかし釣果は得られなかった。
ドンドン人は増えてくる。移動を決意。 (移動するときには車は5台になっていた)
連休の北利根。いい雰囲気だと思うが… 混雑していても、河口湖程ではない。貧果は経験と精神力の不足だ!
しかし、アシ際、花嫁さん、反対側のオダ、変な魚とポイントを回るも全て先行者がいる。
気持ちが焦る。ところがブレイクポイントには人はいなかった、過日バラシたリベンジを!!
しかし返り討ちに会ってしまった!
帰ろうかなと思ったときに後ろから、ロッドを3,4本持った少年が
「釣れましたか?」
と辛い一言。昨晩常吉でこの場所で40UPをゲットしたとの事!
宮城県から叔父さんの家に泊まりにきているそうな。
しばらく話していると、なんと仁の友達の甥っ子だった!
そう彼の叔父さんというのが仁の茶のみ友達だった!(注 以前ヘラ釣りをさせてくれた人のこと)
中学3年で学校から帰ると、近くのダム湖に行き、バスフィッシングをしていると言う。
羨ましい限りである。
その少年との再会を約束し、次のポイントへ。
しかし何処もいっぱいである。完全に集中力が切れた。撤退をすることに。
ハンドルを握ると連休前に仁が口にした言葉が頭を過ぎった。
「ナビゲーターがいないと釣れないんですか?」

5月6日、仁出撃へ  2001年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system