2001.9.8.潮来

闇を引き裂くかのように携帯の呼び出し音が鳴った。
夜明け前の北利根川、2・3ポイント。
「つ、釣れました! バドで釣れました! 40アップが釣れました!」
仁である。ヤツはビッグバドを引き倒していたのだ。
ジョボッ…と一度ミスバイトがあった後、「あ〜あ」と思っているとドバァっと出たらしい。今日はバドの日なのか。

ぱおんが投げているのはボーマーのスクエアA。
バドで釣れたという話を聞き、引き方を変えてみる。ロッドを立てて表層近くをゆっくりと、カクンカクンと動かしてやる。
と、ゴツン!
うひょひょ。バドで出たんだヨ!
「うおっ!? フィッーシュ! グゥゥードサイズ! 40アップだぜ!」
存分に引きを楽しみ、ズバァっと抜き上げる。
いや、上がらなかった。ザバァっと川に戻っていく。
おかしい…もう一度。
グイィー、ドボーン。また川へ落ちた。思ったよりも重いのだ。
今度はラインを掴んで抜き上げた。でかい!
「うわっ!? 何だ? デカイ! バスじゃないのか?」
「いやバスだ! 50アップだ! ひょーー!」
50アップと判った瞬間、腕も足も震え出す。やったぜ!

「あぁ…もういいよ今日は…。」
夜明け前にもう満足してしまったヨ!
下あごがビューンと長かった分、50アップ!
続いてバイブレーションポイントへ向かう。
今日はあのフォークの車に同乗して釣りに来ているのだ。
ぱおんの車は月曜日に復活予定なのだが。
さて、バイブレーションポイントでは、ぱおんが1匹追加しただけ。ここまでフォークにはアタリすらない。今日でフォークの叛乱も終わりを告げるのか。
「行きましょう。水路Bへ。モデルAで爆釣ですよ。」
先週の日曜日、神奈川支部によって爆発した水路B。その情報を得ていたフォークは水路Bへと行きたがっている。じゃあリクエストに答えてやるか。

続きへ  2001年の釣り一覧へ  トップへ
ゴロタ石の際を探ってみたが… ゲットしたのは、ぱおんだけ! 立ち尽くす叛乱部隊の長、フォーク
inserted by FC2 system