2001.9.29.潮来

与田浦橋近くのセブンイレブンの灯りが見えてきた。
時刻は午前3時半。少し着くのが早かったか。
エースとの待ち合わせは午前4時である。
いや、店の前にはエースの輸送艦の姿が…。
「ワクワクして眠れませんでしたよ!」
なんとエースは3時には到着していたという。ホントに久しぶりに潮来へと出てきたのだ。

早速、暗い内から潮来大橋の周辺で釣りを始めてみる。が、反応はない。そこで空が白み始めてきた頃にバイブレーションポイントを覗いてみたが、結構波立っているようだ。アシ際ポイント周辺にも探りを入れてみたが何の反応もない。
閣下、準備が整いました!
水路Bへ移動。利根川の様子も確認しておきたい。土手に登って利根川に向かっていると車のクラクションが聞こえてきた。振り返ってみると、先週お会いした、しんたろうさんだった。一緒に利根川に出て、釣り始める。エースは水路の中を攻めている。
利根川は減水し始めていたが、水質はかなり良く、期待が持てそうだ。
ルアーをモデルAにチェンジしテトラにぶつけながら引いてくる。
「フィッシュ!」
狙い通り! レギュラーサイズのバスを2匹ゲット!
よし! 利根川の状況はいいゾ! しんたろうさん、マサピコ、こふじ君の面々。「ぱおんの戦略には騙されたヨ」
利根川の状況が良さそうなので、大利根東公園前に移動を提案。水が減ってしまう前の状況のいい内に釣ってしまおうという作戦だ。車にタックルを積み込み、さぁ移動だという時、怪しいインテグラが接近してきた。乗っていたのはマサピコとこふじ君。
さぁ、みんな、ついて来るのだ。ぱおんがスゴイ戦略で釣らせてあげるヨ!
と、揃って大利根東公園へ。しかしこれが失策だった。
水がどんどん減っていき、シャローはダメになっていく。
一応、ぱおんに2ヒット。そして2バラシ。
さらにガツーンとメータークラスのレン魚らしきモノにヒットし、石にラインを擦られて一瞬でラインブレイク。ヒットルアーのモデルAをもって行かれてしまった。まぁこのモデルAは後で浮いているのを発見、無事回収したが。
こりゃアカンと移動も考慮していると、エースのロッドが弧を描いた!
自称エース、利根川での初バスをキャッチ!

また、しんたろうさんも何とか1匹釣り上げたという。
しかしマサピコとこふじ君はノーフィッシュ。マサピコの怪しい2ぺラバズベイトが空しく飛沫を上げていた…。
やった! エース復活の証明だぜ!

続きへ  2001年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system