2002.2.24.潮来

シュシュッと参上! カラクリ忍法で潮来に現れたぱおん。

早速、反対側のオダや変な魚ポイント、バイブレーションポイントと攻めていく。今日の本命は横利根川だが、早朝一番にフィーディングに出てきたバスを獲っておこうという戦略だ。
しかし何の反応もない。
そのうちに、ぱおんの背後に怪しい人影がちらつき始めた。
非常に気分を害する付きまとい方に、振り返ると子持ちバスがオガピーと共にニヤニヤしている。
「うお!? こんなところで何をしているんですか!」
2月中は出撃できないなどと言っていたはずなのに、ちゃっかりと潮来に来ているではないか。
「今日ここは風が当たっているから見込み薄ですよ!」
子持ちバスが自信を持って断言する。前回、1月12日にすでに初バスをゲットしているため調子に乗っている。横利根川に移動することに。

昨日、しゃこたんさんがスピンソニックを使ってバスを上げているので活性が高いだろうと思ったが人が多すぎた。餌釣りの人も多く、ハードルアーでは釣りができない状態だ。
餌を使ってバスを釣り上げる姿を見せられ、さらに釣り上げたバスをビニールの袋に入れているのを見て、横利根川を諦め、前川へと向かった。

しかし前川も何も起こらない。そこで、ちょっと水路Bを試した後、常陸利根川へ出てディープを攻めてみることにした。
横利根川を攻める子持ちバス。
しかしバックラッシュしただけ。
前川もダメ! 利根川もダメ! ディープはこれさ!グリグリ! 負けじとぱおんもグリグリグリ…
常陸利根川・前州水門の前に到着。
子持ちバスがヘラ釣りのホームページのポイント紹介で見つけてきた場所だ。かなり岸際から深くなっているという。ディープクランクの出番だ。マッドペッパーマグナム。
ゴリゴリゴリ…。むっ!? 本当に深い。
ニーリングしてもマッドペッパーが底になかなか届かない。子持ちバスとぱおんは競うようにマッドペッパーを引き倒してゆく。20m程も助走をつけるとやっと底に届いた。ゴツゴツとしていて、かなり硬い。ハードボトムなのか。これはいいぞぉ!
しかし反応はない。子持ちバスに25号のナマリがついたコイの吸い込み仕掛けが釣れただけ。諦めて移動しようとするとオガピーがトボトボと歩いてくる。
手に何か黒い物体を下げて。

続きへ  2002年の釣り一覧へ  トップへ

inserted by FC2 system