2002.6.15.潮来

4匹。これはプラクティスの結果だ。
前日の金曜日、潮来に現れたのは、ぱおん。
「日本 対 チュニジア」の一戦が行われるため、金曜日は会社を休んだのだが、試合が始まるまでの間、土曜日のためにプラクティスをすることにしたのだ。結果、判ったのは、どこに行っても状況は芳しくないということだけ。しかし一筋の光明も見えてきた。今年のぱおんが不調に陥っている原因が判ったのだ。その点に注意して今日の釣りを始めることにしよう。
俺は不調のない男、仁!
15日、土曜日、利根川、水郷大橋の下。闇の中に蠢く影。
ぱおんと仁である。北利根の状況が悪い中、コンスタントに釣れている利根川を最初のポイントに選んだのだ。水門から上流側へぱおんが、下流側へ仁が向かう。少しづつ、空が青くなり始め、夜明けが近づいてくる。

ぱおんが最初に結んだのはファットキャット。テトラにぶつけながら引いてくる。上流へと釣り歩き、テトラ帯の終わりまで探ってみたが反応はない。空はすっかり明るくなった。
ルアーをTDバイブレーションにチェンジ。リトリーブスピードを、幾分、ゆっくり目にして探りを入れる。ゴゴン!
利根川にかけてみる。
「フィッシュ!」
20アップと小ぶりだが、まずは1匹。続いて同サイズが連続ヒット! これで安心して釣りができるようになった。

今年、ぱおんが不調に陥っているのは精神的なところに原因がある。
釣りをしている最中に、ここに魚がいるのか?、あそこのエリアの方が状況がいいのでは、それにあの場所はどうだろう…などと考えてしまい、その場での釣りに集中力がなかった。適当に釣っては移動し、行く先々で別の場所のことばかり考えてしまっていたのだ。野池で釣れていたのは、必ずそこにバスがいることが判っていたからだと思われる。
これが立ち直りのキッカケになるか。
そこで、今日はここにいそうだというポイントを選んだら、必ずバスはいると思い込み、少し粘ってみることにしたのだ。

尚もTDバイブを引いていると足元で10アップがヒット。続いて30アップが2匹、40アップが2匹と連続でヒットしてきた。30分ほどの間に7匹をゲット。もう不調は脱したと思って良かろう。
ヒット! ヒット! ヒット! ヒット! 本当に久しぶりの連続ヒットだ。小さいヤツも混じっているがな!
しかし、いいことばかりは続かず、ここでいきなり雨が強くなってきた。ザァーーッと大粒の雨が叩きつけ、たちまちにびしょ濡れになる。雨を避ける場所も無く、慌てて車に戻った。

続きへ  2002年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system