2002.6.22.潮来

午前中だけの釣行。今週は短時間で勝負を決める予定だ。
先日、食中毒を起こし、危うく死にかけた(病院でも危なかったと言われた)ぱおん。症状はなくなったが、未だ完全に回復したとはいい難い。雨も降りそうだし、時間をかけずに結果を出したいものだ。

佐原の「すき家」にて、午前3時から「うな丼」を食し、水郷大橋の下に行ってみる。土手の上から川を見下ろすと、強風のため、水面がかなり波立っている。今日は朝イチにバズベイトを引きたいと思っていたので、風裏になる対岸の大利根東公園前に移動することにした。
東公園前の駐車場に車を停め、川に出る。まだ暗いが、空は少し青みがかって、夜明けが近いことを知らせている。マスターバズを結び、遠投してブジュブジュと音を立てながら引いてくる。沖では、レンギョだろうか、バシャッ、バシャッと水柱が上がっている。
突然、携帯が鳴りはじめた。エースからである。東公園前に来ているという。今からこちらに来るとのこと。
バズに反応がないので、ルアーをバイブレーションに替えて広範囲にチェックしていく。やがて明るくなってきた。見ると、水は大いに濁りが入っている。底荒れしたような感じになっている。風の影響だろうか。
合流したエースに訊いてみても、反応がないという。移動してみよう。

強風で濁っているのなら、ワンドの中はどうだろうと、建設省ワンドに向かった。しかし、激混み状態。狙っていたゴロタ石周りには何人ものバサーが立っている。その上、急に雨が降り出した。かなり強い雨だ。
慌てて車に戻り、雨具の用意をする。雨が止みそうにないので、この間を利用して野池へ移動しておくことにした。いつもの川尾池である。
メインのデジタルカメラ、フジフィルムのファインピクス1500の修理が済んだと連絡が入った。しかし給料日前なので修理代がない。次週に引き取ることにしたため、今週は画像がありません。そこで、エースから送られてきた写真を中心に掲載します。
池に着く頃には雨が小降りになってきた。しかし念のため、雨具を着けて池に出る。
ここもかなり混雑している。ぐるっと一周する間に、再び雨が強くなってきた。池にいたバサーも、蜘蛛の子を散らすように逃げ帰っていく。池には、ぱおんとエースだけが残った。

ハーフスピンをリリーパッドの中にまで引いてくる。ゴゴゴッという何ともいえない手応えが伝わってきてバスが水飛沫と共に水面を割って飛び出した。このバスはまあまあサイズだったが、残念ながらリリーパッドの茎に巻かれ、強引に外した時にバレてしまった。
北利根も濁りが入って沈黙中…
しかし、同じようにリリーパッドを攻めていると、再び強烈なバイトがあり、レギュラーサイズが釣れてきた。

続きへ  2002年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system