2002.8.24.潮来

8月24日、潮来。バイブレーションポイントの夜が明ける。
夏休みが終り、カスミ水系のフィールドにぱおんが戻ってきた。広島の野池では好調にバスをゲットできたのだが、久しぶりのカスミ水系ではどうだろうか。

まずは、このところ実績を上げているクレイジークローラーからスタート。ゴロタ石の際をゆっくりと引いてくる。
今にも…今にも…しかし何も起こらない。ルアーをクレイズに替えて表層を引いてみる。
バイブレーションポイント
やはり反応はない。どちらもノンラトルのサイレントタイプ。チョポチョポと水音がするだけのルアーなのでアピール力に欠けている。ビッグフィールドではアピール力がモノを言うのか。
ハカイダーにもらったバズベイト、デプスのマッドウェバーを結ぶ。コロラドブレードも付いていて、アピール力に秀でたバズベイトだ。
ジョボジョボジョボジョボ…。
「フィッシュ!」
アオコでトロリと蕩けたゴロタエリアからレギュラーバスが飛び出してきた。

1匹釣れたとはいえ、水は良くない。そこで水路Bへと移動し、利根川へと出てみた。
バズで出たァ!
水位は満水に近い。さほど水質は良くはないが、それでもバイブレーションポイントとはまるで違う。釣れそうだ。
バドやザラなどのトップを少し試してみたが、多少、水位が上がっているので、ルアーをもう少し沈めてやった方が良さそうだ。モデルAにチェンジ。カラーの選択に少し迷い、取り敢えず万能カラーのひとつ、クロームを投げてみた。
1投目、いきなり根掛り…かと思ったら釣れていた。30cmをちょっと越えるレギュラーバス。続けて同サイズがもう1匹。
ルアーをモデルAよりも大きく動くビッグOにチェンジ。サイズアップを狙う。すると、ゴン、ゴン…と連続ヒット。しかし、サイズは変わらずの30アップ。事態は何も変わらなかった。
やっと30cmの小バスばかりだが、それでもいい引きをした。夏バテから回復してきてるのかな。
利根川が好調のようなので、大利根東公園前に移動しようと車に戻る。仁が淋しそうに戻ってきた。
「何も…起こりません!」
何と、仁はここまでノーフィッシュ。3週間くらい釣りをしていないのでカンが鈍ったのだろうか。ぱおんが4匹を追加したことを告げると、「ひょえぇぇぇ!」と叫んで落ち込んでしまった。
続きへ  2002年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system