2002.5.3.福山野池、芦田川

今シーズンは調子が出ないぱおん。
水郷潮来では苦戦が続いている。そこでGWを利用して帰省、広島出張所のハカイダーが荒釣りをしている野池群で爆釣しようと企てた。
5月2日、夕方に東京を発つ。ひかりに揺られること4時間半、ぱおんは福山の駅に到着した。妹に迎えに来させ、ハカイダーの家へ。早速、夜釣りに出かけてみたが、手応えはない。同行のレオが1匹釣っただけに終った。

明けて5月3日。
今日こそはと気合を入れ、野池巡りがスタートした。
ハカイダーのレポートを見ていると、ガンガン釣れているように見えるのだが、このところ、反応が悪くなり、ハードルアーでは厳しい状況だという。
野池で立ち直るキッカケを…
なるほど、ハカイダーのワームにはポツリポツリとバイトがあるが、ぱおんには何も起こらない。その内に、やっとハーフスピンに反応するバスが現れた。ピックアップで追って来たのだ。
40cm位のナイスサイズだがフッキングには至らない。ピックアップで食ってくるのに気がついたので、最後に一瞬、ストップを入れてやった。ゴツッ!
「フィッシュ!」
やっとの思いで20アップの小バスをゲット。それにしても大きいバスはどうしたのだ。

移動して別の池へ。ここでもハカイダーがワームでヒットさせている。ぱおんはスーパースポットを岸際に沿って、少し早めに引いてみる。と、ヒュッ…と小さな黒い影がルアーに襲いかかった。
「う!? 何だ?」
うわぁい、釣れだゾォ!
恐ろしく小さくて細長い黒い魚。うなぎか? 何だろうと思って、よく見ると、それはウルトラスーパーコバッチー、10cmのバスだった。
岸際に居る。ルアーをハーフスピンに替え、タイトに攻めていく。
「フィッシュ! フィッーシュ!!」
次々とヒット! スーパーコバッチーパターンを完全に掌握したのだ。
続きへ  2002年の釣り一覧へ  トップへ
こ…こんなに小さい…。 うお!? これはデカイ! この岸際から連発だったぜ!
inserted by FC2 system