2003.5.10.潮来

あわただしくGWは過ぎ去り、そして初夏がやって来た。
様々なハードルアー、テクニックにバスが反応する楽しい季節の到来である。金曜日に飲み会があって疲れ気味の仁を助手席で眠らせ、ぱおんは潮来へと車を走らせた。

寒い。手がかじかむ。初夏の訪れと言っておきながら、今日はかなり冷え込んでいるのだ。朝の内は無風状態だが、昼前から北東の強風が吹くという予報である。風が吹き始める前に南側の岸伝いに探りを入れておこう。
反対側のオダポイントを2分間ほどチェックした後、すぐにバイブレーションポイントへ。
夜明け。ハイシーズンの訪れ
しかしバイブレーションポイントの水は妙に汚い。濁りも入っているし、護岸の上に水たまりもできている。今は穏やかになっいるが、しばらく前まで荒れていたようだ。バスの反応がないことからみても、エリアを移った方が良さそうな感じだ。そこでアシ際ポイントへ移動してみたが、ここも水が悪かった。汚い水が吹き寄せられている。アシの際をハーフスピンで撃ってみたが何も起こらない。
早々に南岸を見切り、北岸へ行ってみる。王様ポイントだ。行ってみて驚いた。昨年に比べてもアシが大幅に少なくなっている。特に鹿島線の鉄橋下付近のアシがゴッソリと無くなっている。またさらに状況が悪くなってしまったのか。案の定、バスの反応もなく、哀しい気持ちで王様ポイントを後にした。
反応なし。お手上げの仁 アシが減っている王様ポイント こんな時は川尾池だ!
まだ早朝である。にもかかわらず、早くも焦りが出てきた。何かイヤな予感がする。ボーズに終るかもしれない。
不安を一掃するために選んだポイントは川尾池であった。池ならば…池ならば…。前回の連続ヒットを夢想しながらキャストを開始。しかしアシ周りやハスの群生の中はコイやフナが大暴れ状態。こんな中にバスがいる訳がない。おそらく押し出されて周辺に退避しているはずだ。
野池攻略バイブレーション、エバーグリーンのリトルマックスを取り出してオープンな所を引きまくってみるが反応なし。音の要素が必要かと考えて逮捕状(TN/50)にチェンジ。同じようにオープンな所に投げてみる。すると早々に反応があり20cmくらいの小バスが食いついてきた。さすがは逮捕状である。しかし食いが浅いのか、2匹ともバラしてしまった。
バラシのショックもあったのか急に眠くなった。車に戻りシートを倒して一眠り。どれほど眠ったか分らないが、戻ってきた仁に起こされた。見ると仁の他にもう1人、見知らぬ男が立っている。ホームページをよく見てくれているというイサムさんだった。
少し痩せたぱおん。体重13kg減 続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system