2003.5.24.潮来

「ひょぇぇぇ〜!」
2時半に出発だと言うと奇声を上げた仁。出発前に飲み会に出て、疲れているというのだ。しかしもう夜明けは早い。出発時刻が早まっていくのも仕方あるまい。
まずはバイブレーションポイント。そろそろトップが効果的な時期になろう。ところが土手を越えてみると風により波立っているではないか。もう少し波気がない方がトップはやりやすい。う〜むと考えて、結局、1投もしないまま、ポイントを変えることにした。

アシ際ポイントへ。
最初はここから。さて?
ハーフスピンをアシギリギリに落していく。ピッチングで手早くチェックをしていくのだ。と、グッと押え込まれるようなアタリで、レギュラーサイズが釣れてきた。悪くない。このままエリアを探っていこう。
オープンな所でフラットペッパーをジャークして1匹。さらにアシ周りからハーフスピンで1匹。都合3匹のバスを釣り上げて潮来大橋のたもとへ。ここで待ち合わせの梅安さんと合流することになっているのだ。梅安さんは相模湖をホームにしているバサーで、掲示板へもよく書き込みをしてくれる。今回は梅安さんご夫妻と友人のりおんさんが一緒に釣りをしてくれることになっているのだ。

合流して、早速に水路Aへ。このところ好調のポイントだが、水路に着くと梅安さん達は唖然としている。こんな水溜りにバスがいるのかといった表情だ。ところが釣り始めるとすぐにりおんさんがグッドバスをゲット。マッディな水質ならばこんなに浅く、狭いポイントでも魚が潜んでいることを示すことができた。
まず1匹。これで落ち着いた
ぱおんにもバイトが何回かあったが、いいところを見せようとして力んでしまったのかバラシ連発。水路ではバスをゲットできなかった。仁はここまでノーフィッシュだ。
続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
何枚かピンボケしていた 好調・水路Aを攻めると… りおんさんがゲット!
inserted by FC2 system