2003.6.7.潮来

はたして先週の台風の影響は残っているのか。
先々週は、割といい状況だったのだが、行きの東関道は霧に包まれ、水温よりも気温の方が低いことを伺わせる。これだけの霧が漂うのならば、風は吹いていないと判断し、まずはバイブレーションポイントでトップを試してみることに。
ぱおんはジッターバグ、仁はレーベルのバジンフロッグ(仁はカエル君と呼ぶが、コーモランのかえるくんのことではない)を結んでキャスト開始だ。
ボシュッ!
仁のファーストキャストにいきなりのバイト! しかしフッキングはできない。ボシュッ、ボシュッ…と立て続けにカエル君にバイトが続く。フッキングこそできないが、どうやらバズが効くようである。ここで仁は考えた。
手持ちのルアーの中で、仁が選んだのはバジンフロッグ。
(くるくる回るカエルの足が食ってきたバスの頭を叩いてフッキングしないのか? ならばCB001で…)
ラッキーのCB001にチェンジすると、やはりちゃんとのりました。

この日は活性が高いのか? いやいやそんなことはない。ぱおんのジッターバグには何も起こらないではないか。バズが効くと分ってからは、デプスのマッドウェバーにチェンジしてブチュブチュ音を立てまくったが、バイトの1回もありゃしない。
「水路の様子を見に行きますか?」
早くも水路に頼り始めた。このところ好調で、問い合わせが多かった水路Aに向かう。だがしかし、水路Aは終っていた。アシが伸びてきたのをカットされてしまっていたのだ。
CBに替えたらフッキングした
いや、カットではない。根から抜き取られていたのだ。
水質も悪くなっており、水面にはあぶくが浮いていて、試してみたが全く反応がない。また来年までお預けなのか。

諦めて水路Bへ移動。土手を越えて利根川に出てみる。濁りもそれほどきつくなく、水位も悪くない。フラットペッパーを結んでジャーキングで誘ってみる。次にマッドウェバーにチェンジ。さらにモデルAに替えてみる。次々とルアーをローテーションするのは全く反応がないからである。一体どんなルアーが効くのか? それともここにバスはいないのか。最後にスーパースポットに替えて引きまくるとガツンと根掛り…かと思ったらグングン引く。
「フィッシュ!」
霧の中で釣り上げた40アップ
ファイト中にヒューンとラインが鳴いた。いいサイズだ。しかも元気がいい。嬉しい1匹目は40アップのナイスバスだった。
続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system