2003.8.23.潮来

帰ってきた。
引退して、老後に蜂の世話でもしようかと言っていたあの自称エースが、突然、ぱおんの部屋を訪ねて来た。まぁ、ぱおんとエースの家はすぐ近くなので、エースが訪ねて来るのは不思議ではないのだが、何とバス釣りに行くのだという。自称エースがバス釣りの世界に帰ってきたのだ。
「許可が下りました。朝の8時までですが」
そう言ってエースは笑った。
やがて常磐線で駆けつけて来た仁を加えて、深夜2時、潮来へと出撃した。

利根川の様子を見るために常総大橋の所で岸辺に出てみる。トップで少し試してみたが反応がない。
忘れられていた男。
真っ暗でよくわからないが、流れもあるようだし、岸近くにはやたらとゴミがあるようだ。
何だか利根川はイマイチのような気がしたので、バイブレーションポイントから始めようと車を走らせる。
途中、与田セブンで朝食を買ったが、スゴイ数のバサーが集まっている。何かあったのかと思ったが、単にバサーの活性が高いだけのようだ。盆休みの後なので、空いているフィールドで思う存分楽しめると期待していたのだが、どうやら当てが外れたようだ。
夏休みの間も天候不順が続いたので、バサーのストレスも限界にきていたのだろう。岸沿いのめぼしいポイントには駐車車両が目に付く。何だかやる気がなくなってきたなぁ。
バイブレーションポイントに着いてみると、巨大な車体が城のようにそびえていた。子持ちバスのキャンピングカーだ。こんなところに潜んでいやがったぜ。
濃霧の中、釣り始めたが…
霧に包まれたバイブレーションポイントでロングノーズウェバーを引きまくる。このバズベイトは立ち上がりが抜群に早くて使いやすい。広島に帰った時にハカイダーに貰ったルアーだ。夏の朝には、バズベイトがはまることが多々ある。期待を込めてなるべく広く探り歩いた。
水門の前まで探ったが全く反応が出てこない。先には何人かバサーがいるので、進むのを諦めて引き返す。ルアーをスポットに替えてみたが、全く釣れる気がしない。周りを見ても誰も釣れていない。
人が多すぎるので、すでに諦めかけていた。どうせ釣れないだろう。何を引いても同じか…。ロボコンでも付けとくか。
久々に子持ちバスが登場。でも釣れない君だ。
続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system