2003.8.30.潮来

仁は倉庫で返品整理。そのために釣りに行けないと、妙に弾んだ声で電話があったのだ。
今週は、ぱおんひとりなので、事前にフィッシングプランが立てられる。夜越川、2・3ポイント、花嫁さん、アシ際、バイブレーションポイントと回り、8時くらいから利根川へでてみよう。まずは暗い内から夜越川河口部である。
ぱおんが夜釣りといえば、タイニークレイジークローラーである。河口周辺のゴロタエリアでゆっくりと引いてみる。
チャプチャプチャプ…
静かな川面に、微かな水音が立つ。ルアーは護岸際へ進み、足元に近づいてきた。……。ドバーーーン!
「うわっ!? 出た。ウィィィ! フィッーーシュ!」
思わず仁のような奇声を上げてフッキング。出たのは25cmくらいの小バスだが、トップなのでエキサイティングだ。続けてもう1匹、同サイズが。やはりトップは心臓に悪いぜ。

プラン通りに釣れたので、プラン通りに2・3ポイントへ。…混んでいる…。プランを進めよう。潮来花嫁さんポイントへ。さらにアシ際ポイントへ。しかし目指すポイントにはどこにも車が止まっている。
やっぱこれだよ。タイニークレイジークローラーはぱおんのお気に入り!
そこで、マズメの本命、バイブレーションポイントへ行ってみた。全域でバズを引き倒してみたが反応はない。それに風があって、波立っているのでバズのコントロールが面倒なのだ。岸際で波がザブンザブンいっているので、バズサウンドの効果も落ちているような気がする。
すぐに諦めて利根川、水路Bへ。

以前、一緒に釣りをしたトモさんに出会ったので、しばらく同行して釣りをすることにし、バイブレーションポイントに戻ってみる。利根川では、ブルーギルのスイムベイトを投げてみたが反応がなかったのである。
バイブレーションポイントの夜明け
再挑戦のバイブレーションポイントでは、クランク、バイブレーションを試してみたが音なし。トモさん達にも反応がないので、さっき釣りができなかったアシ際ポイントに行ってみることにした。ぱおんは、移動前にルアーを付け替えておこうとハーフスピンを結ぶ。
車に戻る前に、最後の1投とばかりに水門前でキャストした。ゴツッとゴロタに当ると動かなくなった。根掛り…? ん!? 動いた!
「フィッシュ!」
ギュギュギュギュゥーと強烈に締め込む。デカイ! これはデカイ。40アップ、いや45アップかも…もしかしたら50あったりして…。ギュンギュン曲がるロッドを見て、トモさんも驚いていたが、上がって来たのは35クラスのレギュラーバスだった。力持ちのバスだったようだ。
やたらと引いた元気者バス君。
続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system