2003.10.18.潮来

出張から戻っても、ラインを巻き替える気力がなかった。
かなり疲れが溜まってきている。しかしシーズンは終盤だし、無理してでも出かけないと、後で、何であの時に行かなかったかと後悔することになるやも知れぬ。
いつもよりも出発時刻を少し遅らせて、睡眠時間を余計にとって出撃。それでも朝マズメには大利根東公園前に到着できた。釣り場が近いという利点が出たわけである。

利根川はかなり水が少ない。
今年の週末は減水していることが多いように感じるが、今週もテトラの頭が水面から覗きそうになっている。果たしてバスは岸近くに寄っているのか。
こんな風に底が丸見え。狙いとしては、なるべく水深のある所を探す感じだ。
トップやジャークベイトを使って誘いをかけてみたが、反応のあるなしよりも、バスがここにいるのかどうかが気になってしまう。
そこで、バイブレーションでさっさとチェックしてやろうと、スーパースポットにチェンジ。水中のテトラや、立ち並ぶ杭に沿って、早めのリトリーブで探っていく。
テトラの種類が変わるところに来た。あのエッジに沿って引けば釣れそうな気がする。さっきまでより少しスピードを落して引いてくると、岸から3ッ目くらいのテトラの際でガツンときた。
「フィッシュ!」
引きはたいしたことはないが、なかなか重量感のある手応えだ。上がって来たのは40アップのグッドサイズ。その割には引きが弱かったなぁ。コンディションがよくなかったのだろうか。

とりあえずは1匹釣ったので、体力のある内に池に寄ってみることにした。何匹か追加して、いつ帰ることになっても大丈夫なようにしておくのだ。
久しぶりにいいサイズが出た。 続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system