2003.11.2.潮来

結果を先に言ってしまえば、ボーズに終ったということである。
しかし全くの反応なしという訳ではなかった。いや、ぱおんのルアーにバスは果敢に襲いかかってきた。それなのに、なぜボーズになってしまったのか。その過程をお話しよう。

霧に包まれた11月2日の日曜日、ぱおんと仁は利根川、水郷大橋のたもとにいた。
今日は、午後からたなごっち先生の引越しを手伝うことになっているので、午前中で切り上げねばならない。日の出が6時過ぎだから釣りができるのは5時間程度、移動の時間を考えると3、4ヶ所くらい周ればタイムアップになりそうだ。そこでポイントも厳選、ルアーも絞り込んでのスタートとなった。
そんな訳で水郷大橋。ぱおんはキンギョを結び、トップから試していく。ただ巻きで手早く探りを入れる。水位は相当に下がっていて、岸寄りのテトラの頭が水面上に姿を見せつつある。
キンギョがテトラの横を通り過ぎようとする時、ジョボッと音を立て、飛沫が上がった。
「フィッシュ!」
狙い通りのヒット。レギュラーサイズのバスだ。十分にファイトを楽しんでから抜き上げる。と、ポロリと落ちた。しかし思い通りのヒットだったので満足度は高い。キャッチできなかったのは残念だが、それほど悔しいとも思えなかった。
また減水してるよ…残念…
トップに反応することが分ったので、今度はバズを試そうとマッドウェバーを引き始める。ベイトがピチャピチャと跳ねている中でバシャッとバイト。これもレギュラーサイズだったが、これまたバレてしまった。
仁を見ると、反応がない、反応がないとしきりにぼやいている。それに比べれば、バラしたとはいえ上々の滑り出しだ。
ルアーをTN/50FTに替えて、テトラの際を再チェックにかかる。トップには反応しなかったバスが残っているかもしれない。
「フィッシュ!」
やはりいた! グングンと締め込む。今までで一番のファイトだ。それをテトラの下から引っ張り出し、ゆっくりと岸に寄せてくる。と、岸寄りの三角テトラの穴の中に入ってしまった。そっと持ち上げる。穴の角の所でバスが暴れ、外れてしまった。今度は少しショックだ。
ガッカリしながら後ろを振り返ると、仁がバスを抜き上げていた。レギュラーサイズのバスだ。ピーナッツで釣ったといって得意そうである。
最初、タイニーハーフスピンで探ったが、反応なし。そこでピーナッツ!
続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system