2003.11.8.潮来

クレイジーホットパッドという手首に付ける使い捨てカイロがある。手首の動脈を暖めて血流を確保し、結果的に手を保温する。薬局などで売っているようだが、アウトドア用品として釣具店などでも取り扱いを始めるらしい。
ここ数回の釣行時、ぱおんはそれを手首に巻いている。極寒の時には、さすがに効き目がないようだが、初秋の肌寒いくらいの気候では手のひらあたりが温かくなり、それなりの効果がある。手袋を併用すれば相乗効果が得られ、もう少し寒くなっても使えると思われる。僕は寒さに弱いので、しばらく試してみようかと思っているのだ。

さて、出発前にネットでチェックすると、利根川は大減水していた。これでは大利根東公園前などは浅くなりすぎて釣りづらいと思われる。そこで、最近発見した新テトラのポイントに行ってみることにした。ここの方が少しは期待が持てると思われたのだ。
この手首に巻いているのがクレイジーホットパッド。定価¥1380也。ちょっと高いけど、これで手の痛みから開放されるのならば有難いのだが果たして…。
ちょっと寝坊してしまい、釣り場に着く頃には日が昇り始めていた。
パッパッと探りを入れてみたが、全く反応がない。ヘラ釣りの人達と挨拶して、しばし話をする。何でももう少し先に行った辺りで大物が釣れていたとか、向こうの乱杭の所でも実績があるとか、バスのことも色々と教えてくれた。
「すぐそこでも釣れてたよ、先週。逃げられていたけど」
ぐは。それは僕ですわ。バラシていた男の情報を、バラシていた本人が聞くことになろうとは…。しかし正確な情報だ。さすればあの乱杭周りで釣れるんじゃないかな。
「時合いはまだ先だヨ」などとも言っていたので、帰りにまた寄ることにして、水郷大橋まで移動してみる。あのテトラのところで釣れるんだと仁がレクチャーしてくる。言われるままに試してみたが何も起こらない。所詮は仁の情報…。 しかし!
(仁 談)
クランク・CB100を一番沖の杭の向こうに落として杭を舐めるように引いてくると「ガツン」フィーッシュ!  やっぱりいるじゃん。ちょっと沖目だったけど…
真ん中まで引いて来た所でばれました…とほほ…
バレタとはいえ、しっかりヒットさせるとは。やるねぇ。教えてくれたところとちょっと違うような気もするが…。
負けられないと、ぱおんは水門を越えて下流に行き、モデルAで小バスを3匹ヒットさせ、とりあえず仁に差をつけておいた。
続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
仁が得意とする水郷大橋。 こんな感じでモデルAに3連発。みんな小さいけど嬉しい。
inserted by FC2 system