2003.12.20.納会

風も冷たい12月20日、水郷爆釣隊の納会が浅草橋で執り行われた。参加したのは、ぱおん、仁、子持ちバス、ヒロ、オガピーの5名である。
12時半集合の予定だったので、少し早めに出かけたぱおんだったが、少しというよりかなり早かったようだ。11時半には浅草橋に着いてしまっていた。そこで近辺で人形を見て回って時間を潰した。
15分前くらいに、そろそろみんな来ているだろうと、浅草橋駅前に行ってみたが、宝くじを買っている仁がいるだけで、他には誰もいない。やがて待ち合わせの時間を過ぎると、子持ちバスから電話がかかってきた。
「今、秋葉原です。すみません」
何でも寝過ごして上野まで行ってきたらしい。
その子持ちバスが到着しても、ヒロやオガピーはやってこない。子持ちバスが言うには、出発前に電話すると、オガピーはまだ寝ていて、しかもその後足が攣って苦しんでいたという。それではいつ来るのかわからないではないか。さらにヒロからも電話がかかり、何とまだ新宿にいるというのだ。
ダメだ。とりあえず彼等は放っておいて、先に店に行くことにした。
今年は神奈川支部のレポートがほとんどなかった。来シーズンはキッチリとやってもらわナイト!
会場は仁が見つけてきた「だいこん屋」とかいう店だ。惣菜が各々280円という安めの店らしい。
仁が用意してきた店の地図を手に「だいこん屋」を探すと、それらしい堤燈が下がっているのか見えた。が、横のシャッターが閉まっている。
「閉まってるんじゃないですか?」
「あの奥に入り口があるんだよ」
しかし行ってみると確かに店は閉まっている。
「潰れたんじゃないですか?」
「でも10月10日の開店ですよ」
何かあったのか。とにかく閉まっているのだから仕方がない。仁は他にも候補の店を選んでいたので、そちらに行ってみることにした。
店に入る頃に、オガピーやヒロから到着の知らせが入ってきたので、その度に子持ちバスが駅まで迎えに出かけた。仁は鍋物などをオーダーしている。すると…
「すみません。昼は鍋はありません」
「えっ!?」
「このランチメニューだけなんです」
遂に今年、オガピーの姿をフィールドで見かけることはなかった。
無理に頼んだ鍋をつつきながら、昔話に花が咲く。
そのメニューにはうどんだけが書き込まれていた。仁はオロオロしながら、他にできるメニューはないかと店員に尋ねる。店員も憐れと同情したのか、店長に鍋はできないかとお願いしてくれた。すると店長は快くOKしてくれた。助かった。
続きへ  2003年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system