2004.2.22.ルアーテスト2

土曜日も出勤が続くこの季節は、ぱおんの会社にとって一番忙しい時期である。3月だけで、年間の売上げのほとんどをやっつけてしまうのだから仕方のない面もあるが、それだけに4月以降は釣り三昧の生活がおくれるというものなのだ。桜の咲く頃が待ち遠しいのである。

土曜日のアフターファイブ、ぱおんは新宿へと向かった。
先日から、どうしようかと迷っていたプロジェクター選びに行くのである。色々と比較したいので、ヨドバシカメラのショールームで画質を見比べようという訳である。
ぱおんが導入したホームシアターに興味がある方は→こちら
プロジェクターだけでなく、スピーカーやAVアンプなども一緒に見ておきたい。そして、ある程度機種を絞り込んで、それから予算と照らし合わせて、と思っていたのだが、見始めて30分もすると、持っていたお金が無くなっていた。お金の代わりに財布に入っていたのは、配送の控えだった。つまり、もう買ってしまったのだった。配達日を指定した次の日曜日が楽しみである。

さて、日曜日、プロジェクター投影用のスクリーンを吊るために必要なヒートンをホームセンターに買いに行く。そのついでに、先週も試した三平君ルアーをスイムテストしに、またも八間川に向かった。
三平君ルアーの全タイプのインプレッションを、という訳で、今回は前に試さなかったルアーを全部持ってきた。順にテストしていこう。

まずはブルーマーリンクランクである。
キャストして巻き始めても、ほとんど抵抗らしい抵抗がない。泳ぎを見てもあまりアクションしていない。引くと効率よく潜って行くが、ただ単に潜っているだけでどうにも釣れそうな雰囲気がない。あまり期待できそうにないルアーだ。
次にアリゲーターガークランクを引いてみたが、これも良くない。バランスが悪く、泳ぎ始めたかと思うと止まり、まるで棒を引いているようになる状態が多発している。パッケージに書いてある推奨サイズのフックを付けてテストしたのだが、もう少し大きいフックを付けて、重心バランスを取ってやったほうがいいのかもしれない。どうにもクランクベイトは出来が悪いようだ。アカメクランクもそうなのかと、期待せずに引いてみると、案の定、コイツもバランスが悪い。前回試したタイプは、それなりに使える感じだったのに比べると失望させられた。
続きへ  2004年の釣り一覧へ  トップへ
今回も八間川でテスト。 とりあえず色々と用意。 草魚ペンシルとアカメクランク
inserted by FC2 system