2004.4.4.潮来

土曜日、仁がぱおんの会社にやってきた。
繁忙期の仕事を手伝うためである。仁はサイトマスターという報酬にて雇われた商品組み上げ作業助手兼バス釣り運転手なのだ。
普段はお調子者の仁なのだが、この日は神妙な面持ちで仕事に取り組んでいた。なかなか効率的な仕事ぶりで、パートのおばちゃんに「作業が早いのよ〜」などと言われて、得意になっている。実際に仁のおかげで、かなり仕事がはかどった。

翌日の日曜日、ぱおんと仁は潮来へと出撃した。
今にも泣き出しそうな空、春はどこへ行ったのかと思わせる寒風、何だか不安になる状況だ。
いつものように釣り始めたけど…
与田浦からスタートし、反対側のオダポイント、ローソン、夜越川と順に回っていくがアタリはない。
え? なぜローソンかって? それは寒すぎるから。ぱおんは雨具をつけ、防寒着を着込み、ホッカイロを忍ばせて釣りをしていたが、風が当るところでは、その程度の対策は通用しない。
もっとホッカイロを! しかしどこのコンビニも春の装い。すでにカイロは棚から消えていた。

寒さに耐えながら、水路の様子を覗いてみても、まるで魚がいるような気配がない。
夜越川。ウッ、寒い!
しかしこの時期はシャローで間違いはないはずだと、バイブレーションポイントに行ってみた。ところが風が強いのと、満水状態なのが重なって、波が護岸の上を洗っている。とても釣りができるような状況ではない。
「まるで海じゃないですか」
「違うな。海ならもっと水がきれいだぜ」

今日もまた手詰まりになった。こうなると出てくる手段はひとつである。
「池にでも行きますかな」
ちょうど前川で釣りをしていた梅安さんからの連絡も入ったので、川尾池で合流しましょうと伝え、車を走らせた。
向こうには桜が咲いてるんだけどなぁ。花冷えか…
続きへ  2004年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system