2004.4.17.潮来

フタケタ天狗にでもなろうかな。前日の夜には威勢が良かった。
あのポイントでこんな風にして釣って、次はあそこへ行って、その次はあそこで釣れて、そして天狗になって、戦略が正しかったと満足することになるだろう。そんな釣りになる予感がするぞ。
ところがその予感は、目が覚めた時には無くなっていた。
「ヤバイ! 寝過ごした」
すでに日が昇っている。考えていた行動パターンが、早くも崩れてしまったのだ。
慌てて出発した。最初の狙いは水郷大橋。しかし出発が遅れた焦りがある。早く釣りを始めないとということで、大利根東公園前で川に出てしまった。
モデルAやスポットで探りを入れるもアタリひとつなく、すぐに移動。いきなり川尾池である。とにかく1匹でも釣り上げて、落ち着いて釣りをしていこうという考えだ。

いつもよりも早い時間の川尾池には、まだ釣り人の姿は少ない。これなら良さそうなポイントを全部狙うことができる。
ハーフスピンと逮捕状を用意して、ぐるりと池を1周した。するとぱおんには余裕が生まれていた。そう、釣れていたのである。あっさりと4匹の小バスをゲットしたぱおんは、そろそろ増えてきたバサーを後に残して、近くの大膳池に向かった。
カメラがおかしいのか、この日の写真は変だった。撮ったはずの写真が無かったり、覚えのないものが写っていたり…
釣りに来られない仁の呪いか?
大膳池は川尾池のように護岸化されておらず、陸っぱりがしにくい。バサーの数も川尾池ほどではない。ところがバスの反応は川尾池ほどには良くないのである。結局、音沙汰なし。いつ行っても釣れるというわけにはいかないのだった。
やっとバスが写っている写真が1枚。真ん中の写真もバスを写したはずだったのに…。夜越川で撮ったのも、妙に傾いてるしボケてるし…。デジカメが壊れてきたのかな。もう5年以上使っているし。
とりあえず川尾池での釣果で落ち着きを取り戻したので、当初の狙い通りにシャローを狙っていく。
夜越川河口、アシ際ポイント、磯山ワンド、東部与田浦調整池…。磯山ワンドでワンヒットあったが、ジャンプ一発、バラシてしまい、釣果は上げられない。それにその他は全くの無反応。キビシイ。
子持ちバスに電話すると、水路Bの近くにいるというので、水路Bで合流することにした。子持ちバスも苦労して1匹釣っただけのようで、渋い、渋いと嘆いている。水路Bも、外の利根川もバスのアタリはない。
続きへ  2004年の釣り一覧へ  トップへ
アシ際ポイント。右に見えるアシの根の部分は、去年まではアシが生えたが、今年は、いや、もう2度とアシが生えない状態。こうして少しづつアシ原が減っていく。 磯山ワンド。ここでワンヒットあった。少し赤みがかった腹が見えたレギュラーサイズのバスだったが… 水路B。ここの水質はなかなかいい状態だった。これでバスが釣れてくれれば…。
子持ちバスの常吉にも、ぱおんのモデルAにも反応はない。
inserted by FC2 system