2004.6.5.野池

今年の釣果をふり返ってみれば、どうにも池でしか釣れていないようである。
野池を除けば、北利根でも、与田浦でも、利根川でも苦戦が続き、まともに釣果を上げたのは水路だけ。いつもバスの状況を考える前に、水がどうなのかという心配ばかりしている。何だか盛り上がらない。
そこで今回は、ともさんにお願いして、佐原近辺の野池を色々と案内してもらうことにした。これでいらぬ心配をせずに、バス釣りに集中できるというものだ。

朝イチに某所のセブンイレブンで待ち合わせ、早速、ひとつめの池に向かう。
今日は、ともさんとフージーのふたりが水先案内人である。
仁は不参加。野池恐怖症なので出て来られなかったのだろうか。
ともさん&フージー。沢山の野池を知っているのだ。今日はよろしく頼みます。
さて、最初に入った池は、ハスが池の半分くらいを覆っていて、他にヒシが繁殖している。かなりのヘビーカバーで、ライギョの好ポイントだという。水は湯のように温かい。
トップから探りを入れようと、ジッターバグ、クレイズ、トリプルインパクトなどを投げていくが、水面からは湯気が立ち上るばかり。冷え込んでいるのだ。少し肌寒い。
ともさん達もバズベイトで苦戦している。
こんな時には切り札を投入するに限るだろう。スーパーハーフスピンである。
所々でポーズを加え、フォールを入れながらリトリーブしていると、岸際からバスがヌモ〜と現れてルアーを咥え込んだ。
「フィッシュ!」
カバーがあると雰囲気がいい
40には届かないが、グッドサイズである。やはりアシやハスなどが多いと釣りの面白さが倍加される。あのエッジをこういう風に狙ってみようと作戦が立てられるからね。
さらにこの池、繋がっているのかと思わせるほど、周りに池が隣接している。歩いて隣の池に行けるのだ。
いくつかの池を見て回って、様子を探る。岸際にフェンスが水没している池があった。
フェンスの跡なのか杭が並んでいて、岸とその間にハーフスピンを通すと、連続してヒットがあった。4ヒット。しかしバラシでばかりで、ゲットできたのは1匹だけだったが、それにしても野池は楽しい。
続きへ  2004年の釣り一覧へ  トップへ
足元から。38cmくらいかな。ファイトは派手で良かった。 3回目のバイトでやっと捉えた。全部釣ってればなぁ。 フージーが探りを入れるも不発。この日は苦戦が続いた。
inserted by FC2 system