2004.6.19.潮来

北利根で釣る。
これが今日の目標である。このホームページのキャッチコピーには「霞ヶ浦水系北利根川より送る」と謳っているのに、北利根で結果を出していないのでは問題があろう。

さて、そう言いながらも最初に入ったのは水郷大橋の下だった。
やはり1匹でも釣っておかないと、落ち着いて釣りをすることができない。不調の続く北利根川ではじっくりと腰を据えてかからねば、ロクなことになるまいと考えたのだ。
朝マズメの利根川ではトップが効きそうだ。
タイニークレイジークローラー、マッドウェバーでエリア全体に探りを入れてみたが、バス以外の魚がピチャピチャやっているばかり。まだうす暗いので、水の状態がどうなのかも分からない。
水面直下でロングAを躍らせて、トップに出きらないバスがいないか確かめてみる。スポットも通してみる。東の空が明るくなってきた。メインの北利根に行く前に、1匹釣っておくという目論見が早くも崩れていく。
移動。
建設省ワンド。風に強いポイントだが水質はイマイチだった。
北利根に行くか? いやその前に近くの建設省ワンドをチェックしておこう。
建設省ワンドには先行者の姿もなく、付近は静まり返っていた。チャンスだ。
水門から奥へ、ゴロタ石の周りをトップで探り、それに反応なしとみてバイブレーションにチェンジした。しかし釣れない。
諦めて北利根に移動しようと車に戻っていくと、少し沖で水面に波紋が広がるのを見た。
生命感はある。
それならと移動前に護岸際をテクトロしておくことにした。ルアーはスーパースポット。
端の方まで歩いていくと、ググッと重くなって何かに根掛った…のかと思った。だが少し違和感を感じる。アワセもせずに様子を見ると、引きが伝わってきた。魚だ。
水面を割って飛び出したのは、35クラスのレギュラーバスだった。やったぞ。
1匹釣れると落ち着く。焦りがあるといい釣りができないよね。
1匹釣れてひと安心。メインテーマにしていた北利根に向かうぞい。まずはアシ際ポイントへ。
続きへ  2004年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system