2004.7.3.潮来

前日の夜にしっかりと寝ていないと、ろくに釣りができない。
先週も電池切れに四苦八苦し、その上、今週は仁が参加できないとくれば、何しろ行き帰りの運転もすべてひとりでしなければならないのである。釣りに行く前から、こりゃしんどいなって感じでモチベーションが下がっているのだ。
こんな日はだらだらと長時間やってもたいした釣果が出ないものだ。逆に短時間に集中して釣る方がいい結果に結びつくことが多い。今日は朝の内だけで切り上げる予定にした。天気も快晴、どうせ日が昇ってからは厳しい状況になってしまうに違いないのだから。
午前3時過ぎ、まずは夜越川河口に入った。
真っ暗な中、タイニークレイジークローラーをキャストする。トップでの夜釣りである。
このエリアは、毎年夏になると夜釣りでよく釣れているのである。実績に頼ろうというわけだ。
タイニークレイジークローラーはジッターバグよりも水音が小さくてナチュラルな感じだ。アピール力はそれほどでもないが、フィーディングに出たバスに対して威力がある。
護岸の際、ゴロタ石周り、ゆっくりと引いてみる。普段はこんなにスローなリトリーブはしないのだが、今日は短時間集中、釣ってる間はじっくりとやるぞ。
でもすぐ諦めた。
ピチャピチャとベイトもいて、今にも釣れそうなのが、逆に移動を決意させた。
ここがこんなにいい感じなら、あそこもあそこもいいんじゃないのか。気になる。気になる。早いうちに全部試しておきたいのだ。
一発目のバスは40アップのグッドワン。狙った攻めじゃなくて、マグレ爆発で釣れてきたのさ。ルアーはハーフスピンのカラーブレードの付いたヤツ。タンデムが品切れなんで、最近はよく使っている。
王様ポイントへ。
やっと空が青みがかってくる時間帯、こんな時間に王様ポイントに来るのは、本当に久しぶりだ。いや久しぶりなんてもんじゃない。前にこんな時間にここに来たのはいつのことだったか、記憶に全然残っていない。
アシから少し離れたところをタイニークレイジーとラッシュ60でひと流し。何の反応もないのを見て、ハーフスピンでアシ際をチェック。だが駄目だ。
やはりもう終わっているのか、このポイントは。

慌てて車に戻り、いそいそとアシ際ポイントマークIIに向かった。
ここから上流へとアシ周りを釣り歩き、最上流まで行ったら終了しようと決めた。たぶんそれまでに何匹か釣れてくるだろう。
夜が明けてきた。明るくなってくるとアシをタイトに攻められるようになってくる。暗いと狙いがつけられないもんね。
写真はアシ際ポイントマークII。
まだ暗いので、カラーブレードの付いたハーフスピンをチョイス。アシの際ギリギリを狙って、タイトに攻めていく。
少しテンポを上げながら、端まで流してみたが、全く反応がなく不安になってきた。
暗くてよく分からないが、水が悪くなっているんじゃないのか?
明るくなったらガッカリするような水だったりして…!?
こんな釣りをしていて本当に大丈夫なのか?
続きへ  2004年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system