2004.11.13.潮来

思っていたよりも冷え込みはきつくなかった。午前中は冷たい北風が吹くと予報が出ていたが、これまた風もそんなに強くない。
これならば十分に釣りになることだろう。
ハンドルを握る仁が最初に向かったのは利根川は水郷大橋。先週の轍を踏まぬように、朝イチから利根川を攻めることにしたのだ。今週は水位も高いしね。

水門横に車を止め、ぱおんは下流側へ、仁は上流側へと釣り進む。朝焼けに川面が色付いていく。今日はいい天気になりそうだ。
今日はいい釣りができるかなぁ
水郷大橋の下流側ではこの間いい釣りをしたこともあって自信を持ってキャストができる。水の具合もいいのでジャークベイト、クランクベイト、バイブレーションと一通り試してみた。しかし今日は反応がない。そうこうしていると携帯が鳴り、ともさんが現れた。一緒にクランクキングをしてみるが根掛りするばかりだ。
大利根東公園にでも移動しようと車のところに戻ると仁がニヤついていた。もしやと思って訊いてみるとやはり
「ボーズではなくなりましたよ」
という答え。スーパースポットで釣れたという。バラシもあったらしく早くもお調子に乗り始めている。案の定、大利根東公園前に到着すると
「お先にどうぞ。ウヒヒ。情けですよ」
ともさんが登場!
とポイントを譲ってきた。図に乗っている。
ならば目にもの見せてくれるぜと仁に先行してキャスト開始。最初はスピナーベイトからだ。今まで釣ったことがないルアーでと思い、ダブルスワールを投げ続けるも無反応。トップを試すともさんにも何も起こらない。
続きへ  2004年の釣り一覧へ  トップへ
小さ〜いバスでした 正に秋晴れ。これで釣れてくれれば言うことないんだけど…
inserted by FC2 system