2005.7.30.潮来

今週も仁のコメントを交えながら台風直後の水郷の様子をレポートしていこう。
ところで、いつものように仁のコメント部分は紺色の文字で掲載するが、この部分が読みにくいという指摘を受けた。
仁はメールでコメントというか、一応レポート形式の文章を送ってくるのであるが、これがいい加減なもので、自分が釣れたところとかだけを切れ切れに書いてくるだけなので、前後の状況とかシチュエーションとかが全く分からず、その場にいた人しか理解できない文が多いのだ。そして最後に「あとよろしく」などと書いていて、ぱおんが校正をしなければならない。
読みやすいように文章の揺らぎとかは修正していくのだが、あまり手を入れてしまうと、それはぱおんの文のようになってしまい、それではあえて仁のコメントを載せる意味が無い。したがって出来る限りは原文のままに掲載している。
トモは別行動。与田浦で釣っていたらしい。
なのにこちらの苦労も知らないで、仁はクレームをつけてきた。
「原文よりも句読点が減っているのではないのか? だから読みにくいんだろう」
句読点は減ってないよ! 修正してるのは誤字脱字が主なんだから。
疑いを晴らすため、今週はほぼ原文のまま掲載する。
修正したのは「腹黒ヒサシ」のことを「寿さん」、「トモ」のことを「トモさん」と書いていたので、それぞれ「ヒサシ」「トモ」に表記を統一しただけである。
それでは仁のレポートからいってみよう。
ようやく仕事が終わった。
いや、なんとか会社を抜け出してきた?!まあいいや。ヒサシとのランデブー時間にすでに遅れている。さっそく携帯に詫び連絡を入れとにかく帰る。今日は明日の2929会のため、隊長宅へ向うヒサシに便乗する事になっておるのだ。
そそくさと準備をし、約束の時間の5分前に外へ出てみると、すでにV50はアイドリング状態だった。うぃっす!なにやらナビに登録している。さて参りますか。ナビの目的地は隊長宅。出発地のところは仁宅になっている。「この名前で登録しておきました」まあいいや。
これが仁製作のGバズベイト。上のヤツはブレードが逆回転するようになっている。
元の姿の面影は無い。下の写真のように特にヘッド部分は実に不気味だ。
走り出すと新しいマシンの自慢が始まった。エンジン・インテリア・ナビ・BMW、ベンツとの比較などなど。パッセンジャーシートで聞かされた。途中環七が渋滞していてイライラするが、なんとか抜け出し6号を順調に都落ちする。途中の信号待ちでGバズ改仁バズをさらっと出しヒサシの反応を見る。にがわらいである。完全に「なんだよこれ」と言っている。うーーんそうですか。まあいい。コンセプトが「誰ももってないだろうこれ!」だからいいんだよ。釣れれば文句無いでしょ!明日がたのしみじゃY。
続きへ  2005年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system