2005.11.12.潮来

ピピッ!
デジカメのバッテリーが上がった。もう写真が撮れない。
仁に渡した方のデジカメはスマートメディアが壊れかけていて、きちんと記録が出来るのか不安がある代物だ。これはマズイ。今週のレポートは画像に問題がありということだぞ。
昼には雨が上がるというので、出撃して来た潮来。風が強い。雨と風のために釣りはしにくい状況だが、この時期の雨にしては寒さがそれほどでもないことが救いである。
時刻は八時、やや遅れての釣り始め。まずはブレイクポイントに立ち寄る。
風で湖面が波立っていて、少し濁りが入っている。オダ周りから岸際、アシの周りなどを攻めてみたが反応はない。
周りには何艇ものボートが浮かんでいる。すでに攻められた後なのか? 長居をしても無駄のようだ。先に進むとしよう。
与田浦名物の千本杭を叩きながら逆浦方向へと下る。特にオダがある場所は念入りにチェックしたがバイトすらない。シーズンオフも近い。活性が低いのか?
根掛りして立ち往生する仁。
こんな時、どうすれば釣れるのか。過去の釣りを思い出してみる。十一月…雨…。そうだジャーキングだ。何年か前に同じような天気の時、利根川でジャークで釣れたことがあったぞ。
早速、水路B外の利根川に出てみる。水位は低めだが何とかなるだろう。
ロングAを結び、必殺のジャーキングを繰り出した。
チャッチャッ、チャッ、チャッ…
緩急を付けてトリッキーに動かしているとルアーの背後に黒い影が揺らめくのが見えた。出た! 食え! チャチャッ! 食え! チャッ! 食え! チャッ! あと…少し…食ったか!? バスが鼻先でルアーを突いた…ような気がした。アワセだ!
「ん!? ん!? 掛かった!? …か!? フィッシュ!」
バシャバシャバシャ! 何とかフッキングに成功。でも外れそうだ。岸に向かって突進してきた勢いを利用して、そのまま一気に抜き上げた。やった〜!
サイズは30アップのレギュラー。ロングAのリアフックの内の一本が皮一枚で掛かっていた。アブネェ〜。でも、やったぜェ〜! ウィィィ!

続きへ  2005年の釣り一覧へ  トップへ
ロングAのジャークが炸裂。nnnさんに講義していた実力がこれだ!
inserted by FC2 system