2006.6.3.潮来

前もって戦略は決めていた。
今日は一人での釣行である。そのため予め全ての行動をシミュレーションしておくことができる。事前に考えた戦略はこうである。
まず牛堀のテトラ帯に入り活性タイムのバスを数匹釣る。それから夜越川の河口に移動して何匹か追加する。その後、エセハチへ行く。エセハチの前に夜越川の上流をチェックするというオプションも考えているが、とにかくエセハチを攻略し終わる頃には天狗が降臨する予定だ。
一人で出撃するとこういうイメージを作り上げておくことが可能になり、このイメージ通りに事が運んだ時が爆釣ということである。何だか今日は爆釣の予感がする。
ヒルデのブレードを改造して、昔のハーフスピンの再現を狙う。
計画に沿って、夜明け前に黒い聖地・牛掘テトラへと到着。活性タイムに結果を出しながら、夜越川をベストタイムに攻めるための時間調整の意味もあった。
早速、ハーフスピンでテトラの際ギリギリをチェックし始めるが、振り返ってみると空が蒼くなってきている。少し到着が遅かったか、夜越川のベストタイムが近い。牛掘はあまり得意なポイントではないこともあって、ここは夜越川を優先する。

今日はかなり冷たい風が吹いているが、夜越川の河口部は風裏に当たっている。鏡のような水面、その下にはゴロタ石が沈んでるのだ。
ハーフスピンを引いていく。
僅かにルアーの影が見える程度の深さを早めに引く。十数投でチェックは終了。しかし反応がない。
夜越川河口。これは次の場所へ移動する直前の写真。釣り始めの頃は暗くて写真が撮れなかった。
(よ…予定と違う…。この時点で五匹くらいは釣れている筈だったのに…)
釣り始めて三十分も経っていないのに、早くもオロオロし始めた。どうする? エセハチに行くか? 先週に反応があった場所、もうそればかりが頭に浮かぶ。
しかしそれでも、もう少しばかり北利根を攻めることにした。あの先に見えるアシの際。あそこで仁がバスを釣っていたことがある。そこをチェックするだけなら五分もかからない。エセハチはそれからでも遅くないだろう。
アシの前まで歩いて行って、気のないキャストをした。たぶん釣れないだろう。エセハチへ移動する前の最後の儀礼的なものだ。……ガツン!
「フィッシュ!」
いきなり強烈なバイト! ルアーが引ったくられた。バスのサイズはレギュラーサイズだが、超元気なナイスファイトだ。やりィ〜!
フラッシュを焚いたら真っ白に写っちゃった。大きな傷があるけど大丈夫なのかな。
続きへ  2006年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system