2006.6.24.潮来

今週は主に仁がレポートします。

前回の釣行でデビューした、ハンマードブレード…(以下HB)
何よりバサー自身がやる気になるルアー・ブレードである。
仕事で釣りに行けなかった17日の鬱憤を晴らすべく、あくる18日はハンマーの槌音が我が家を席巻していた(約2分)。
そして、お調子者の私が作成(チューニング?)したのは……
1.ハイピッチャーHB
2.ザ・ブレードHB
3.GスピナーべイトHB
4.ハーフスピンシングルHB
ハンマーブレードシリーズ
である。
ハイピッチャーは、もともとタックルベリーで見かけて、高い完成度に惹かれ購入したルアー。使ってみて、バイブレーションが少なく、釣れるとは思うがなかなか結ばない…って感じだった。
ザ・ブレードは、リアブレードのウィローをHBに交換。
Gスピナーべイトは、リアブレードをHBに交換。
ハーフスピンのシングルは、ウィローブレードからHBに交換。インプレッションは…
ハイピッチャー
とてもバランスがいい。ヘッドの形とアイが違うハーフスピンという感じ。早引きしても姿勢が乱れない。合わせて見て分かったが、アッパーアーム・ロアアームの長さやヘッドの重心などがほぼ同じだ。フックの長さが違うぐらいだ。
ザ・ブレード
立ち上がりが遅い。ラインテンションがハッキリしていないと動かない。落とし込みなどは不可。引きはじめるとバイブレーションも大きい。逆に言うと、キルを掛けたりした時の姿勢の乱れ方が大きい…感度がイイって言うのかな?
Gスピナーベイト
大きなブレードになる事により、バイブレーションが一層大きくなっって、アピール度が増した。これは、アームが太くて固いことも大きな要因と思われる。
もちろん良くなってるんですよ。
ハーフスピンシングル
コイツは強烈なバイブレーションが起きるなと思っていたら、その通りでした。間違いありません!
はてさて、こんな新しい武器たちを持って、2週ぶりの釣りに出かけた。
2時半の目覚ましに反応して出かける。
続きへ  2006年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system