2006.8.19.潮来

夏休みに広島に帰っていたが、いつも行くかき氷屋が閉まっていたり、野池の状況が芳しくなくてバスがあまり釣れなかったりと散々だった。毎日キス釣りに行って、それは十分に楽しめたんだけどネ。
さて、久しぶりに水郷に帰って来ての釣行だが、レポートを書くのも嫌になる内容の釣りだったので、ノリにノッている仁が書いたものを、そのまま掲載するとしよう。
以下、仁のレポートである。

思えばながい事バスを手にしていない…
先週は帰省していたし、その前は合宿に参加できなかったし、その前にきたときは2バラシで帰ったし…
なんという事になっているのか、この時期に!
そして来週はまたもや出撃不可なので、今週はなんとしても出撃だーい、っとやって来たのは隊長宅。
しかし、ここまできても暑いねーーー明日はどうなることやら…
ナマズがやたらと釣れると評判の潮来大橋周辺。のっけからしけたポイントに入ってしまった。つまらんのぅ〜
さてさて、2時半に起き出して4時前には到着だ。
夜越川河口に向うが、既に車が止まっている。
ううむ、まだ暗いうちに出来る所はっと…潮来大橋だ。
あまり乗り気でない隊長にマシンを向わせる。
「釣れる気がしない」と言っているが、橋の下のゴロタで何度か釣ったことがあるはずだ。って事で、さっさと降りて結んであるハイピッチャーHBをキャスト。
隊長は準備が出来ていないらしくまだ降りてこない。
橋脚側から引いて来たルアーがゴンっとひったくられた!
よし来た!ひゅーーーい!元気な元気な20アップ君だ。
ウレシイねーーー久々にやってきて暗いうちにボーズ回避だよ…
こんな顔でバスを掲げて自慢されたらやる気もなくなります…
ようやく降りてきた隊長に撮影をさせる。サンキュウバッス!

王様方向に流すが、何も起きず、帰ってきて橋脚方向から引いてくると…
ゴゴン!よし来た!抜きあげたら落ちてしまった。あぶねーーーようやく取り押さえて撮影。ひゅーー、サンキュウバッス!

反応がなくなったので移動だ。「何処へ行くんですか?」の隊長の問いに、「朝のバイブレーションはどうでしょうか?」というと、「もう向っています」。
なんだよ、聞かなくていいじゃん。まあ、気になるポイントが同じだったという事で…
好調の仁。はやくも2匹目だ!
続きへ  2006年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system