2006.9.23.潮来

いま日曜日の夜だが、さて、ぱおんは明日から出張である。今回は長い。二週間にわたって、宇都宮、今市、郡山、二本松、安達、福島、仙台、横手、大曲、秋田、弘前、十和田、むつ、八戸、三戸、古川、石巻、白石、相馬、白河、いわきと巡って帰ってくる。全行程でおよそ三千キロ。CR−Xのシートが磨り減りそうだ。
そんな訳で、その準備のために今週のレポートは手抜きである。いやこのところずっと手抜きなので、今週も手抜きである。仁に全てを任せておいたのである。
では、釣り奉行の仁殿、後はよろしく。
ふぁ〜あ……ねむいど……
木曜の飲み会で色んなものを飲みすぎ(飲み放題だったので…)頭も痛い……
しかし、来週は出撃が不可能なので、今週はいぐどーーっと気合いを入れてやってきた。
エセハチにて。今日も猫に餌をやる。毎回餌をやっているせいか、最近は逃げださなくなってきた。
隊長宅の玄関を入ると、出迎えてくれたのは……古雑誌の山だった。
まるで「通るな!」と言わんばかりに邪魔である。そして、いつもは消えている電気が点いている…?
消し忘れか? …しょうがないなと古雑誌の山を越えると、「よっ!」
困った男だ。人を脅かすために隠れていたのだ。「何時に起きるんですか?」、3時です。「えぇー、何でそんなに早いんですか、運転はお願いしますよ。そうそう、出撃の前に一仕事ありますから…」
と言いながら寝てしまった。
だって明日は祝日じゃないですか。日頃は土曜に来れない人も来るはず。
と言う事は人が多い。入るポイントが限定される。釣れない可能性が大きくなる。
こりゃまずい。早く行って結果を出しておかないと、おちおち釣りが出来ないじゃないか。
と言う事で……「キンコンカン、タラタッタッタッタタァ」3時にのど自慢のテーマが鳴る。ウウウ……起きなければ……隊長が起き出さない……困った男だ。3時だぞっとたたき起こす。
出撃前の一仕事は、古雑誌の山を集積所に移動することだった。何処までも困った男である。
約束通りステアリングを握りマシンを水郷に向わせる。テーマはもちろん「ゆうこリン」である。

予測通り暗いうちに到着。いや、そろそろ明るくなってきている。
暗いうちにボーズ回避させてくれている「しけたポイント」に入る。1台車が止まっているが、橋の下に人影は無い。もうやられてしまったのか? 疑心暗鬼に駆られながらも腹黒ポイントからキャスト、キャスト、キャスト……はあぁ〜ダメだ……諦めかけ、逆側からキャストする為に移動していた途中で、ゴゴン! よし来た! ……あ〜乗らなかった……とほほ……。
エセハチの野良猫を観察していると、彼奴等は漁師から魚をもらっているようだ。漁から帰ってきた漁師が、小さい魚を投げてやっていた。それをバリバリ音を立てて食っていた。
ならば、南詰だ。橋を渡って攻めるも……何も起こりません……
続きへ  2006年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system