2006.10.21.潮来

ルアーの注文があった。
腹黒い男、ヒサシからである。スーパーハーフスピンを六個、潮来で受け取るから持ってくるようにとの要望である。ヒサシは今回も朝のうちで終了とのことだが、適当な時間にルアーを引き取りに合流するという。まったく、朝ちょっと釣りをするためだけに群馬から遠征してくるなんて。たまには地元で釣りしなさいよ。水郷は釣れないんだからサ。
さて、今日は利根川東公園前からスタート。
最近の利根川は渋い状況が続いているんだけど、ここ数日は水位、水温共に安定してるし、そろそろ「これぞ秋」っていう釣れ方をしてくるんじゃないかな。それと日が昇ると、ウェイクボードが始まっちゃうんで、その前に攻めておこうというのもある。
川岸に出てみると、水位は平水、濁りも無く、透明度はそれなりにある。後で逮捕状を引いてラトルで攻める訳だから、最初は音よりも視覚効果を使って誘ってみよう。
ノンラトルのジャークベイトを使うことにしてM1インスパイアミノーを取り出す。しかし、ラインを結んでいると、後ろのフックが折れているのに気が付いた。ダメじゃん。これじゃ使えない。
実は陽が昇ってからのスタート。
そこで、やはりノンラトルのルアーということで、シマノのマッドパピーを結んでキャスト開始。しかし、手持ちのマッドパピーはファイヤータイガーカラーしかない。今日のクリアな水には合いそうにない。数投したら、何か違う気がしてルアーチェンジである。
そんな訳で登場したのはウォーターソニック。テトラ帯で引くのは根掛りが怖いけど、早巻きして表層近くを泳がせれば何とかなるでしょ。
さぁ引きまくるぜ! …っと思ったら、いきなりガツッと引っ掛かったよ。ヒィーー、何だヨォ〜とグイグイ引いたらグングングン! テトラでなくてバスでしたよ。ウィ!

レギュラーサイズをゲットして余裕満々で尚もキャストを続けていると、テトラ帯の外側のエッジ付近でゴンッとバイト。二匹目なのでファイトを楽しみながら寄せてくる。これも30センチちょいのレギュラー。久しぶりに戦略が当たった感じ。そういえば、ウォーターソニックでゲットしたのもいつ以来だろうかネ。
初期のタイプのウォーターソニックでゲット。ベイトっぽい色のルアーとして、わざわざ持ってきた甲斐があった。
遥かに望む水郷大橋を見ていると、向こう岸も釣れそうな気がしてくる。調子のいいうちに水郷大橋に行ってみよう。
橋を渡って対岸へ移動。岸辺に出てみると少し透明度が低い。むむ。風向きがこちらなので、濁りが入ったちゃったのかな。ならばアピール力を上げてやった方がいいだろう。モデルAを結んでボトムノックの開始だ。
ゴンゴンゴンゴンと泥底を叩いて、砂煙(泥煙?)を上げながら下流へ進むも無反応。逮捕状に付け替えて、引き返していく。と、ゴゴン!
「よし、フィッシュ!」
今日は何か上手くいってるゾ…と、油断したのが運の尽き。バレちゃいました…。
続きへ  2006年の釣り一覧へ  トップへ 取り込んだらルアーがポロリ。さっきのもそうだったけど、針先が鈍ってたのかな。古いルアーだし…
inserted by FC2 system