2006.11.25.潮来

仁です。先週は、会社の飲み会の為金曜が遅くなり、土曜の出撃ができなかった。
実は来週も出撃不可なので、今週はなんとしても出たかったのである。
日曜に家で仕事が出来るよう、材料を持ち帰る……悲しいのう……
さて、一週開いて降り立った藤代は……寒かった……
金曜の朝の愛ちゃんは確かに、「土曜の朝は冷え込みます。今年一番の冷え込みでしょう!」とにこやかに言っていた。このフレーズを今年も何度も聞くことになるんだろうな。
パン屋で朝食のケーキドーナツを仕入れて隊長宅に向う。
……隊長はまだ起きていた。DVDで柳本ジャパンの試合を見ながら、マシンから外したシートに横になり、薄い毛布をかぶって咳き込んでいる……
注)仁は勘違いしているがマシンから外したシートは奥の部屋に置いてある。この時は普通の座椅子を使っていた。横にプレステ用のドライビングシートが置いてあったので見間違えたのか?
えぇえエ〜風邪ひいたんですか?。「そうです。明日は運転をお願いしますよ」という返事。うつさないで下さいよ。というと、「うつさなかった治らないじゃないですか…」
……相変わらず困った男だ……カオリンの話題で喋った後、怪しいルアーを出してきた。
どうやら梅安サンが使っていたらしい。まあ、明日隊長がスイムテストをしてから買うかどうか決めるとしよう。
注)柳本ジャパンにはカオリンはいない。サオリンの間違いと思われる。カオリンはバサー誌の黒鱒道中にかつて出ていたが…

さて、4時45分起床……なぜこんな半端なのかって? それは、またまた出張に出かけた荷物をマシンに積みっぱなしであり、下ろさなければいけないからであった。
困ったものだ。
ブレイクポイントにはヒサシの暗黒体(アウゴエイデス)が居て怪しげなキャストを繰り返していた。釣れてはいない。
暗黒体とは悪魔がその能力を最大限に発揮できる姿だという。
暗黒体について詳しくはバスタードという漫画で確認して欲しい。
寒いことを考えて、与田浦のオダ系を探る戦略だが、やって来た朝一のポイントはブレイクだ。ようやく明るくなったポイントに立っていたのは、腹黒だった。

反対側のオダを攻める為、橋の手前を右に入る。腹黒はノグチに向ったようだ。
オダに到着するも隊長は「寒いから…」とマシンの外に出てこない。
まあいいか。本物HSでオダを攻める……杭を攻める……護岸を攻める……
いまにもオダの下から食いつかれそうなのだが……何も起りません……
対岸を腹黒ワゴンが新ザ衛門方向に向っていった。
注)どうせ寒くて釣れないよ。今日は釣れる場所でちょちょっと釣りをして、それで一匹釣り上げて終了という効率的な戦略なのサ。
陽が昇ってきた。もう少し気温が上がってきたら、釣りを始めるとするかな。ぱおんは寒さに弱いのでネ。
続きへ  2006年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system