2007.5.26.潮来

ずっと前に50アップを釣ったのは、多分ここのアシだったと思うけど。
金曜日、仕事の後で千葉の中古車ショップへ向かい、新たに購入した黒のCR−Xを受け取り、柏のホンダ(Honda Cars 柏中央 / 千葉県柏市豊町 1-3-10 / TEl 04-7145-1031)へ持ち込んだ。ここのホンダで車の整備をするのである。
四月に事故にあったワインレッドのCR−Xは、二十年も前の車とは思えないほどに程度が良かったが、今度の車はそうではない。そこで、前の車の部品を移植して、少しでも良い状態にしてもらおうというわけだ。
サービスマンと相談して作業箇所を決め、帰りに代車を借りる。ここで車を借りないと、明日の釣行が出来なくなるからね。代車はエアウェイブだ。

翌土曜日、夜明け前に出発、の予定だったが、目が覚めると日が昇っていた。というか、普段の出勤の時刻であった。
前日の夜に立てた戦略はオジャンである。マズメ時にバズで釣るつもりで、ポイントは「ブレイクポイント」「ノグチ」「夜越川」「エセハチ」「バイブレーション」「沈船」「各水路」「水路B」「水郷大橋」「新テトラ」と順に回って、「帰りのエリア」に向かう計画だった。だが、もう日は高い。エセハチあたりからとっかかってみようか。
エアウェイブ。1.5リッター車とは思えないほどパワーもあって速い。ハンドリングレポートはブログで。
エセハチに到着してみると、さすがにもう釣り人がいっぱいである。入れるポイントが残っていない。それに暑い。人の居ない場所を探して竿を出してみるが、いつもの通りで無反応が続く。
仁が一緒ならば、このまま無意味に粘ることになるのだろうが、今日は一人、すぐに見切って移動する。バイブレーションポイントを目指す。
途中、ダッシュ水路に立ち寄って、端から端までビッチリとルアーを撃ち込んでみたが、バイトはない。今年は水路で成果が出ていない。今後は戦略から外した方がよさそうだ。

バイブレーションポイントに着いてみて驚いた。
護岸が工事されている。河口付近と、奥の角の周辺が新しい護岸に変わっていて、前の護岸を崩した石がネットに入れられて水中に沈められている。これによって新たなポイントが形成されたのはいいのだが、以前によくヒットしていたゴロタ石のこぼれた小場所などが全部、沈められた石の下に埋もれてしまったのは残念だ。護岸際のテクトロで、よくバスが着いていたエリアも消えてしまった。
気を取り直してキャストを開始したが、バスの姿は見えないし、腹が痛くなってきた。吐きそうだ。つわりか?
腹が下ってきたら大変なので、水生植物園のトイレへ。結局、下りはしなかったが、上りはあった。おかしいな。変なものを食った覚えはないのだが…。
続きへ  2007年の釣り一覧へ  トップへ
白いところが新しい護岸。前に見えているのが沈められた石だ。
いつ工事したのか、バイブレーションポイントもご無沙汰だったので知らなかったナ。
水際はこんな感じ。利根川などでも最近の工事では同じようなネットを使っている。ただ、このネットがあると、トリプルフックは引っ掛かりそうで投げられないんだよな〜。 手前側と、河口付近とが工事されていた。このアシの前辺りにバスが着きやすいゴロタがあったんだけど。
今後はこの石周りでトップとかかなぁ。
inserted by FC2 system