2007.6.30.潮来

津宮はこんな風に護岸の斜面が急なので、暗い内は怖くて釣りにならない。
寝不足である。ちょっと辛い。ハンドルを仁に握らせ、助手席でまったりとしながらフィールドへの到着を待つ。
ポイント選択は仁に任せている。
コヤツは次週は来れなさそうだし、情けをかけてやらねばならないだろう。それに今日はトモ、ヒサシがお休みなので、先回りされる心配がない。時節もいいし、どこに入っても釣れるだろう。

てな訳で、着いたのは津宮。
さすがは仁、先週釣れた場所という明確な戦略だ。土手を越えてみると、闇の中、鳥居が不気味に迫ってくる。さぁ、いくぞ。

まずはスピナベで一匹。
仁が上流方向へ進んだのを確認してから、下流へと向かう。一気に水門周辺の乱杭エリアまで行くつもりだ。途中の護岸? 角度が急で恐いんだもん。
水門前のテラスに立つと、水面に何か縞模様が見える。まさか、もしや?
LEDライトを取り出して、思い切って水面を照らしてみると、なんとドロドロのスープのような感じになっていて、膜のようなもので水面が覆われている。利根川、腐っているのか?
試しにバズを引いてみる。ボコボコに泡立つ。周囲には流木や大根、雑草などが大量に浮いていて、もしかして前日の雨で泥濁りになっているのだろうか。
空を見上げるとまだ真っ暗。移動するなら今の内だ。しかし、ベイトがピチャピチャとやっているから、魚が全くいないわけじゃないだろう。少し流してみるか。
今日はサイズが出てこない。小バスだから咥え切れないのかバラしも多い。
水が底の方まで濁っている可能性があるから、音で誘った方がいいだろうな。シャローAをチョイス。乱杭周りをスピーディにチェックしていく。
空が白み、杭エリアの終わりまで来ても何も起こらない。しまった。完全に外したか?
ハーフスピンに替えて、杭周りを探ってみる。思ったほど濁ってなさそうだ。さっきのあぶく汁は、水門周りに溜まっていただけだったのか?
プルンとバイトで一匹目。小バスが釣れた。さらに続いて下から突き上げるようなバイトがあり、ルアーが何度も弾かれるがフッキングに至らない。
しかし、スピナーベイトには好反応だ。さっきトップを投げた時にはノーバイトだったから、それに比べるとまだまだ期待が持てる。今度は乱杭の中でバシッと引ったくった。
「フィッシュ!」
ビュンビュン暴れる激バスだったが、サイズは小さい。20アップ。さて、そろそろ戻りますかな。
続きへ  2007年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system