2007.8.25.潮来

上がこの日のバイブレーションポイントの水、下が先週まで釣りをしていた瀬戸内海の水だ。海と湖の違いがあるとはいえ、これだけ水質が悪くなると、やる気もスゥーッと失せてくるな。
広島から帰ってきての第一陣。八月最後の土曜日である。
仁のヤツは不参加。週の中頃から「エアコンの調子はどうなんですか?」とか、「何かイベントがあるんですか?」などとウジウジ言っていたのだが、最終的には出撃を断ってきた。年老いたものだから、夏の日差しに照らされると干からびてしまうのだろう。哀しい男である。

この夏は、久しぶりに夏らしい夏。八月に入ってから猛暑が続いている。だがしかし、そのために水温は上がりすぎ、状況はかなり悪いらしい。三週間ぶりの潮来出撃だから不安ではある。水質は大丈夫なのだろうか?

まずは利根川、水郷大橋に入ってみた。ここは水通しが良く、さらに下流側の津宮と共に夏のポイントの定番である。時刻は午前三時半。
ジッターバグを結んで、やや早めのリトリーブで流していく。
いつもならベイトなどの生命感が溢れているのに、この日はそれがない。沖の方で何かが跳ねる音がするが、岸寄りは死の世界のように静まり返っている。
水も汚い。
ポコポコと泳いでくるジッターバグの後ろには泡が軌跡として残っている。

見切るか、もう少しやるかと迷いながら、タイニークレイジーを出し、少し丁寧にシャローを流してみる。全然反応がなく、また悩む。いけないのは場所なのか、時刻なのか。もう少し経って、夜が明けてくれば反応が出るのだろうか。

他に行くと、もっとヒドイという可能性も高いから、一応、テトラ帯の端まで流してしまおうとバジンクランクを取り出した。nnn男爵からプレゼントされたルアーで、名付けてバジン男爵だ。コイツは早くリトリーブしてもキッチリと泳ぐので、手早くやっちゃおうという時には重宝するのだ。
ビューッと引いていくと、途中でピチャッと音がして、少し引き抵抗が増した。僅かだが生き物の動きが伝わってくる。
小さいシーバス。海では釣れなかったのに…
「フィッシュ!」
たいしたサイズではないが、かろうじて魚が残っていたようだ。何にせよ、ボーズを逃れたのは嬉しい。ウルトラスモールサイズの…あれ!? 違うぞ。バスはバスでもシーバスだ。さらにしばらくキャストしていると、また、ピチャッとシーバスが釣れてきた。シーバスしかいないのか、ここは。

テトラ帯の端まで来ても、二匹のシーバス以外は何もなし。利根川を見切って与田浦に行くことにする。その前に一通り取り締まっておこう。逮捕状を振り回した。
ガツン!
続きへ  2007年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system