2008.3.23.藤代

このアシの前のところに石が沈んでいて、バスが着いていることが多いのだ。
ヒサシからのメール着信に夢を破られた。
起き上がって、携帯をチェックする。
「そろそろ…釣れていますよね… 状況良いですからな。昨日より格段に」

寝てたんだよ!

しかし、起きてしまったものは仕方ない。うむ、もうすぐライダーが始まるな。それを視たら、近くのポイントへでも行ってみるか。

午前八時四十分、帰りのハスに到着。
日曜日だというのに、朝早くからクルマが何台も止まっている。みなボートを降ろした後のようだ。釣り人はいないが、期待は薄そう。

ルアーはリトルマックス。水温が低い時期には特に活躍してくれるルアーだ。ゆっくり引けるのがいい。
ハーフスピンをハスの間に通していく。フローティングワームも持って来ているが、それをやるほどの気力がない。

反応なし。移動。

帰りのヒシ行ってみると、すでに先行者が。一人のバサーが土手に荷物を広げて、キャストを繰り返している。

やむなく、対岸へ回り、前回アオコが酷かったエリアに入る。今日は少しマシな感じだ。
惰性で、付いていたハーフスピンを投げるが、バスの気配はない。
よく晴れている。風もなく、穏やかな日差し…。
「うわっ」
危なく池に落ちるところだった。釣りをしながらウツラウツラしていた。

うむ、疲れが溜っていて、釣りができる状態ではないな。帰るか。いや、一応バイブレーションを引いてから帰るか。

リトルマックスを取り出して、岸際から沖、沈んでいるゴロタ石周りをチェック。ゴロタ石のところで、ズウウーッと重くなった。
「むむ、ゴミかな?」
しかし、油断はしない。「ゴミかと思ったらバスで、油断していてバラしました」なんて言い訳は、所詮素人のものよ。アタシのようなエキスパートになれば、魚の匂いを感じるのサ。これはバスよ。

引きずるようにして寄せてくると、見慣れた模様の魚が姿を現した。
続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system