2008.5.10.潮来

先回り成功。釣れる釣れないは問題ではない。今日は最高の気分だぜ。
ゴールデンウィークが明けて、水郷へ帰ってきた。ここからは初夏の釣りに切り替わっていくが、今週は雨模様、気温もかなり下がっている。

三時半に目覚ましをセットして、午後九時に眠りに就いたが、連休の疲れが残っているのか、どうしても起きられなかった。出撃中止も考えたが、昼にうなぎを食べたいと思い、まぁ釣れなくてもいいかと、夜が明けてからの出発。

北風を避けて、まずはエセハチに。ここのシャローで、広島の時と同じような丁寧な釣りをすれば、釣れるような予感がしたのだ。
ところが、エセハチには黒い瘴気をまとったクルマが止まっていて、腹黒い男がしてやったりの顔でキャストを繰り返している。先回りされてしまったか…。

ヒサシの様子から、まだ上流側は攻めていないように見えたので、上流方向へ進み、釣りを始めた。最初は当然スピナーベイトからである。
と、ヒサシが背後に現れ、ニヤニヤしながら写真を撮り始めた。そして言う。自分はソフトボーズである、と。
カメラを向けると視線を逸らす。このポーズがカッコいいと思っているようだ。

ソフトボーズ。
それは、ソフトルアーでは釣れていないということ。つまりは、ハードルアーで釣れているのを自慢しているのだ。嫌味な言い回しである。

さらに、釣りをする僕の後ろに憑いて回り、小馬鹿にしたような目で、僕のキャストを見ている。まるで、どうせ釣れないんだよ、と言わんばかりに。

ところが、アシの際をルアーが通る瞬間、バスがシュッと出て、ハーフスピンを引ったくった。このバスは掛らなかったが、護岸際でも逮捕状にバイトがあった。

その様子を見た腹黒い男、アシの側に走って行き、丁寧にスピナーベイトで誘い始めた。現金な男だ。
続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system