2008.6.7.潮来

ここのもう少し下流辺りをハス畑と呼んでいたんだけど、そこにはもうハスは無し。ここも全然反応無し。
まだ明けきらぬ午前四時、クルマはハス畑に到着した。
東浦は、前回に惨敗したエリアである。だが、アレが、冷え込みによる状況の急変が悪かったのか、単に釣れない場所なのかが分からない。そのあたりを確かめておきたいのだ。
それに、最近は腹黒い男の暗躍が目に余る。このところ好調のエセハチも、夜中の内に荒らされているかも知れないじゃないか。腹黒の不安がないエリアで釣りがしたいのだ。

しかし、それにしてもハスが少なくなったな。群生の範囲が四分の一くらいになってる感じだ。

バズとスピナーベイトを併用してハス周りを攻めていくも無反応。逮捕状をハスの間に通しても何も起こらない。
水門周りにベイトが大量に溜っているのを見付け、特に丁寧に誘ってみる。しかし、バイトのバの字もない。

水門周り、アシ周り、スピナベも、バイブも、ミノーも、クランクも効き目無し。魚が居ないのか?
クルマで少しずつ下流へ下りながら、アシや水門、石積などの変化のあるところを撃っていく。
反応なし。やはり東浦はあまり釣れなくなってしまったのか。水も茶色に濁って、気持ちを萎えさせる。

そして、何も起こらぬまま、遠くに霞ヶ浦大橋が見えてきた。もう東浦も終りである。そこのテトラをやって、出なければ、一気に潮来まで帰るとするか。
クルマを止め、テトラ際に行ってみると、鯉師の竿が並んでいた。これじゃ出来ない。
やむなく、横の角の所へ。良さげなアシと障害物があるぞ。
ハーフスピンで探りを入れていくが反応はない。もう一度。今度はキルをかけて沈めて…、あれ? 沈まない。何だ?
なんと水深が20センチくらいしかない。ここも外れだ。話にならん。

ビューッと巻いて回収しながら、引き返していく。と、後ろにズガンと引っ張られた!
何だ? 重い。何か付いてる。魚? 魚だ。
「フィッ〜シュ!」
思いもよらぬところで食ってき…いやいや…やはりシャローにはヤル気のある魚がいるな。スピナーベイトをビューッと巻く、バジングというテクニックで狙い通りに食わせたのだ!

グイッとあおっても、ロッドが曲がるばかりでビクともしない。尾びれがチラッと見えた。デカイ。楽勝45アップだろう。
足元まで寄せてくる。スゲー重量感のある引き。このまま強引に抜き上げてもいいが、スピナーベイトはバラしが少ないから余裕がある。もう少し楽しむかな〜。
と、いきなり猛然とダッシュ、それを逆方向へ引いていなした。いなしたと思った。が…
写真のちょうど真ん中辺りで食ってきた。これを首尾よくゲットできてれば、ヒサシが何匹釣り上げても楽勝で勝ち誇れたんだけどナ。

ドバーンとジャンプ!
「うおお〜!」
初めて魚体の全貌が現わになった。デカイ。デカイ。デカ過ぎる!50なんてもんじゃない。55あるかどうかというサイズ。これは自己記録更新クラスのビッグバスだぜ〜!
でも、今のジャンプで外れてました…。

手足が震えている。気が抜けて、釣りにならない。今日は、もう終了して帰ってしまおうか。
バラしたバスがあまりにも大きかったので、ショックで虚脱状態になってしまったのだ。とりあえず、湖岸沿いを潮来に向けて進んでいくとしよう。
続きへ  2008年の釣り一覧へ  トップへ
inserted by FC2 system